人気漫画家が国際女性デーにちなんだ発言でピンチに!?

(C)Shutterstock

3月8日は『国際女性デー』だ。

いまをさかのぼること113年前の1904年3月8日に、婦人参政権を求める女性労働者たちがニューヨークで起こしたデモがルーツになっている。さらに、ドイツの社会主義学者クララ・ツェトキンが「女性の政治的自由と平等のために戦う記念の日としよう」と提唱し、帝政ロシア崩壊のきっかけになった1917年の“二月革命”につながるデモも、この国際女性デーにちなんだ運動に端を発したものだった。

国連が3月8日を正式に国際女性デーに認定したのは1975年のことだが、1世紀以上にわたり、女性たちは正当な権利を手中に収めるため、理不尽な男尊主義と真っ向から戦ってきたのだ。

そんな今年の国際女性デーを前に、ある著名な女性漫画家がインタビューで発した一言が、なぜか“夜の六本木”で話題になっているという。その漫画家とは『ぼくんち』や『毎日かあさん』など多数の代表作を持つ西原理恵子氏だ。

「西原さんといえば、その画風同様に、波瀾万丈の半生を送ってきたことで知られています。その西原さんが、国際女性デーを前に受けた某新聞社のインタビューでの発言に、この界隈の人間から『あんたには言われたくないわ!』の声が一斉に上がったのです」