『日向坂46』センター・佐々木美玲のニット姿に「リアクションするたび揺れる…」

Halay Alex / Shutterstock

11月28日放送の『あざとくて何が悪いの?』(テレビ朝日系)に、『日向坂46』の佐々木美玲が登場。魅惑の〝ニット姿〟を見せつけ、全国の男性視聴者を惑わせている。

今回、佐々木は視聴者からの投稿を再現したミニドラマに出演。大学入学をキッカケに、兵庫から上京してきた女子大生を熱演した。ミニドラマで描かれた〝あざとい〟行動は、自身に向けられた「かわいい」という言葉に「えっどこにそう思ったの? 聞きたい! 私のかわいいところ言って! 言って!」と過剰に反応するというもの。また関西弁を多用し、方言フェチの心もくすぐっていた。

しかし、男性視聴者の目は、彼女が着用していたボディーラインの目立つ青色のニットに向けられていたようだ。

佐々木美玲のニット姿がアザトカワイイ?

演技よりも〝あざとい〟佐々木の服装に、ネット上では、

《ニットは武器! えちえちすぎる》
《刺激強すぎん…? 胸が…めちゃくっきりわかるんですけど…》
《ニットにしか目がいかない。スタイル良すぎじゃないですか…》
《他を寄せ付けないと再確認しました。かわいすぎる》
《ダメだって、惚れちゃうよ。惚れた》
《リアクションするたびに、おっぱいが揺れる…眼福すぎます! この姿で踊ったりしてくれないかなぁ…》
《ストレートにエロい目で見た人は正直に手をあげて》

などと、大興奮の声が続出。

「美玲は『日向坂46』の中でも、特にスタイルがいいと評判です。今年の6月に『FLASHスペシャル グラビアBEST 2020年初夏号』でグラビアを披露した際には、《二の腕のほどよいむっちり感が素晴らしい》《脚が長すぎる》などと絶賛の声が上がっていました。そんな彼女がニット姿を披露したことで、あざとい演技よりもあざとい体型に目がいってしまったのでしょう」(芸能ライター)

魅惑の〝ニットおっぱい〟で、お茶の間の男性を悩殺した佐々木。これからも積極的に抜群のスタイルを見せつけてほしい。

【画像】

Halay Alex / Shutterstock

【あわせて読みたい】