坂口杏里と同じニオい? 今井メロの“長女の施設入所”報告に批判殺到

(C)Krakenimages.com / Shutterstock 

元五輪スノーボードハーフパイプ日本代表で、タレントの今井メロが12月1日、自身のブログを更新。長女について「もうすぐ施設に入所します」と報告した。

今井は、3人の子どもを持つシングルマザーだが、長女とは《非常にぶつかってきた》と明かし、《成長するにつれて様々な悪事を働くようになり学校でも問題を起こすように》なったという。最終的に親子の関係は改善されず、《ごめんなさい もう…分からなくなったんだ》と苦しい胸の内を明かし、《彼女はもうすぐ施設に入所します》と告白した。

今井は2006年、トリノ五輪スノーボードハーフパイプに日本代表として参加。五輪後は2度の結婚と離婚を経験している。2012年に発売した自著では、五輪で惨敗した18歳の時に引きこもりになり、その後、キャバクラ嬢に転身したことや、デリバリーヘルスで短期間働いていたこと、父との確執やリストカット、レイプ、中絶など、衝撃的な過去を赤裸々告白している。

彼女が明かした長女の報告に、ネット上からは

《頼れるところに預けるのも愛情だと思います。親子の関係がよくなるといいですね》
《私も若いころ、相当親に迷惑かけました。今は辛いと思いますが、少しでもいい方向に向かっていけますように》
《大事になる前に、施設に預けるのは悪いことではないと思う。批判もあるでしょうが、頑張ってください》
《虐待したりするくらいなら施設に入れるのは正解だと思う。離れることでお互いを尊重することもできるのでは》

などのエールが送られている。

今井メロに向けられる辛辣な言葉…

しかし一方で、某女性向け掲示板からは、

《お母さんが週刊誌とか賑わせたら、年頃になるとこういうこと起こりえるよね》
《報告しなくていいよ。長女さんがこんな風に書かれてることを知ったら、もっと傷つくと思う》
《虐待するよりはマシだけど、さすがお父さん何回も変えられたらちょっとはおかしくなるだろ。娘がかわいそう》
《五輪まで行って、この転落っぷりはかわいそうだなと思う》
《こんな一方的に娘を悪者にする書き方がよくできるなと思う》
《子どもが言うならまだしも、親がそれ言ったらおしまいみたいなことを言ってる》
《必死で自分は悪くないって言ってるように聞こえる》
《今井メロ含め、登場する人物が全員かわいそう》

などと、厳しい声もあがっていた。

一部のネット民からは、《西の今井メロ、東の坂口杏里ってくらいやる事が似てるよね》と類似性を指摘する声もあがっていた。今後、親子の関係がうまく修復されればいいのだが…。

【画像】

Krakenimages.com / Shutterstock

【あわせて読みたい】