アポロ11号が月面でとらえた「ロケット型UFO」の正体とは!?

(C)Paranormal Crucible

「アポロ11号の月面着陸」は日本の教科書にも書いてある歴史的な大偉業だ。なんと、そのアポロ11号から月面を撮影した写真の中にロケットのようなUFOが映り込んでいたというのだ!

この写真は月面を初めて歩いた2人の宇宙飛行士ニール・アームストロング船長とバズ・オルドリン操縦士を乗せた月着陸船『イーグル』の船内から撮られたものと言われている。

発表された当時はなぜか見逃されてしまったが、47年後の2016年にYouTubeで人気のUFOチャンネル『Paranormal Crucible』が、写真に映り込むロケット型のUFOのような影を発見し、世界中のUFO愛好家が衝撃を受ける大スクープに発展した。

この、ロケットのようなUFOは一体何なのだろうか。

 

月にまつわる驚きの事実

このUFOの正体を探るヒントとして、1つ面白い話がある。このアポロ11号打ち上げ計画の4年前(1965年)に、米ヴァージニア・ラングレー空軍基地で、当時技術者と勤務していたカール・ウルフ氏は、アメリカ政府が総力をあげて隠ぺいしている驚愕の事実があったと証言している。

 

奇妙な出来事が発端となる…

ウルフ氏はある日、人工衛星から送られた写真を処理する機械の修理を上司から依頼される。

「これはNSA(アメリカ国家安全保障局)の設備だ」と上司が言ったのを、ウルフ氏は「ああ、NASA(アメリカ航空宇宙局)の設備だな」と勘違いし、何の恐れ気もなく、普段は立ち入る事のない同基地の「NSA管理区域」に入り、指定された装置の修理を始めることになった。

 

なんと月面に基地が!

ウルフ氏はその部屋で1人の男から、月の裏側を撮った写真を渡される。そこには綺麗な構造物が整然と並んだ未来的な月面基地が写っており、月面に設置された大型の“レーダーアンテナ”までもがハッキリと映っていたそうだ。

ウルフ氏はこの“重大な国家機密”を知ってしまった事で、大きな恐怖を覚え、必死で設備を修理した。同基地を退職した後も、あまりの衝撃のため誰にも話さず「以後35年間も沈黙を守っていた」という……

この出来事は1990年代に『UFO Case Book』に“極秘インタビュー”として語られ、最近その全文がウェブサイトで公開されている。YouTubeで「Karl Wolfe」と入れて検索すれば関連動画も閲覧可能だ。

 

アポロ計画の真の目的とは?

当時のNASAに、月面基地を作れる技術などあるはずもない。考えられるとすれば、月に居住していた宇宙人あるいは、他の惑星から飛来した宇宙人がこの基地を作った可能性である。

その宇宙人が地球侵略を企んでいたと仮定すれば、人類にとって大きな脅威であるのは言うまでもない。もしかするとアポロ計画は、この月面基地を無慈悲に“先制核攻撃”するために遂行され、アポロ11号から発射された核ミサイルが“偶然”映り込んでしまったのか可能性も指摘できる。

 

 

【参考・画像】

※ Alien Missile Or UFO Caught Next To Moon – Paranormal Crucible

※ “I Saw Structures on the Moon” (Karl Wolfe) – UFO Case Files

【あわせて読みたい】

ネット上で「800年前の携帯電話」と拡散した物の正体が明らかに

※ 宇宙戦争の痕跡?火星表面で「スプーン型物体」次々発見される

※ 月は「エイリアンの秘密基地」だという有力説

※ イギリスでウシを拉致するUFO写真が撮影された!

※ 火星にレーザーガンを持った戦闘歩兵がいた!