カナダ軍が必死の隠ぺい工作した「巨大UFO」墜落事故

(C)Paranormal Crucible

この衝撃的な映像は、カナダにあるウィニペグ湖周辺に在住のBrent Mancheese氏によって撮影されたものだ。地元のSNSによれば、湖の周囲で轟音と共に「まばゆい光」が多くの住民に目撃されて大騒ぎとなり、カナダ軍が緊急出動して現場周辺を大規模に封鎖する事態となったという。

しかし、Brent Mancheese氏は湖の近くに住んでいたこともあって、うまく警備の目をかいくぐり、なんとかこの一枚を撮影し自身のSNSでアップした。するとたちまち、収集のつかない大騒動に発展してしまったのだ。

 

巨大UFOが墜落?

この物体の形状から推定すると、巨大なアダムスキー型(円盤型)のUFOが墜落したのは間違いがないだろう。カナダ軍が慌てて隠ぺいした理由もよくわかる。

現地に到着したカナダ軍は、ウィニペグ湖周辺の民家を一軒ずつ回り「軍事演習中で危険だから外に出ないでください」などと言って住民を足止めし、その隙に墜落したUFOをスノーモービルや、多くの兵士が回収した。その後、UFOは大急ぎでどこかに運び去られていったらしい。

(C)Paranormal Crucible

カナダ軍のスポークスマンはのちに「湖の一件は軍事演習中の事故」と苦しい言い訳をしたというが、すでにUFOが凍った湖へ墜落した瞬間は複数の住民により目撃されている。不審な発表に、さまざまな噂や憶測が飛び交っているそうだ。

 

あの事件の再来か

過去にUFOが墜落した事案は、非公式ながらも複数ある。そのなかでも最大といわれるのが、1947年にアメリカのニューメキシコ州で発生した『ロズウェル事件』だろう。

事故当時、現地で“奇妙な残骸”の回収任務に当たったロズウェル陸軍飛行場は、《つぶれたUFOの残骸を回収した》とプレリリースで発表した。しかしその数時間後、ロズウェル基地の上部組織である第八航空軍司令部が《あれはUFOではなく観測用の気球だった》と修正したことにより、この事件はすぐに世間から忘れ去られていった。

しかしそれから30年後の1978年、墜落現場で残骸の回収にあたっていたジェシー・マーセル少佐が、UFO研究家で物理学者のスタントン・T・フリードマンのインタビューに対し「軍は気球ではなく異星人の乗り物を回収した」と答えると、“世紀の大スクープ”として世界中に報道され、注目を集めた。のちに「世界で最も有名なUFO事件」とまで言われるようになった。

 

人類の未来を切り拓く鍵となるか?

ともあれ、ロズウェル事件と今回の一件は似ている部分が多く、しかも凍った湖にUFOが墜落しているとすれば、UFOの受けたダメージはごく少ないはずだ。宇宙人の生存者が居たとしても、おかしくないくらいである。

UFOがどんな原因で墜落したのかは不明である。もし、この回収されたUFOを修理し、操縦できるようになったとしたら、人類の未来が大きく広がることは確実だ。

例えば、このUFOで銀河系全体を自由に航行できるようになれば、地球と同じ環境条件をもつ“第三の惑星”を発見することも、不可能ではなくなるはずだ。

そして大航海時代のように、夢や冒険を求める“宇宙開拓時代”が始まり、人類の生存圏が大きく広がっていくのは間違いないだろう。

 

【参考・画像】

UFO Crash Lands in Canada?– Paranormal Crucible – Youtube

【あわせて読みたい】

ザンビア上空に100m超「巨大飛行物体」出現!秘密結社が関与か

「無人ロケット大爆発」にUFOが関与?その裏には驚きの陰謀説!? 

R・スコット監督証言「宇宙200種超のエイリアン」人類滅ぼす? 

アポロ11号が月面でとらえた「ロケット型UFO」の正体とは!? 

世界各国で次々に公開され始めたUFO情報