「無人ロケット大爆発」にUFOが関与?その裏には驚きの陰謀説!?

(C)Paranormal Crucible

この画像は、2016年1月にアメリカのフロリダ州にあるケープカナベラル空軍基地から打ち上げ予定だった『スぺースX社』の無人ロケット『ファルコン9』が、燃料試験中に突如大爆発をおこしたときのものだ。よく見るとその背後に“ありえないもの”が写っている。

 

UFOの攻撃!?

(C)Paranormal Crucible

この画像は、ロケット発射台を監視する定点カメラの映像から得られたものだが、元になった動画をスロー再生してみると、画面右から左へ横切る未確認飛行物体、つまりUFOが写っている。その速度はなんとマッハ4.8(時速5800㎞)に相当するという。

最新型のジェット戦闘機の最高速度がマッハ2.5程度だといい、このUFOはあり得ないほどの超高速で飛行していたことになる。そして、UFOが飛来した直後にファルコン9は大爆発を起こしており、その原因についての“不穏な憶測”が、関係者のあいだでまことしやかに囁かれている。

 

イーロン・マスク氏の提唱する火星移住計画

スぺースX社の創始者であるイーロン・マスク氏は、ネット決済サービス『PayPal』を立ち上げ、またたく間に巨万の富を築きあげた天才的な起業家として、世界的に有名な人物だ。最近では『インタープラネタリー・トランスポート・システム』という、低コストロケットを使った1000人規模の火星移住&植民地化計画を大々的にぶち上げ、非常に大きな話題となっている。

 

しかし出る杭は打たれやすい

宇宙開発ベンチャーの中でも、スぺースX社は世界トップランナーだといわれている。しかし、その事業が革新的かつ魅力的であるほど、競合他社にとっては大きな脅威となるはずである。できれば早い段階で潰してしまいたいと、多くの人々が考えているのではないか。

《出る杭は打たれる》ということわざ通り、ライバル企業が仕掛けた“陰謀論”にまで発展しているのが、今回の事件であり、当事者のイーロン・マスク氏も自身のツイッターで、《UFOの攻撃を否定しない》との見解を示している。しかし、時速5800キロで移動する飛行物体を、いったいどこの誰が作れるのだろうか。

 

火星人とNASAの陰謀か!?

(C)Paranormal Crucible

全くの憶測に過ぎないが、長年にわたり宇宙人と接触してきたと言われているアメリカ航空宇宙局(NASA)が、もし今回の事件に関与していたらどうだろうか。

ご存知のとおりNASAは、アメリカ政府を胴元にした“世界一の宇宙産業推進機構”であり、イーロン・マスク氏のスぺースX社とは文字通りのライバル関係にある。そして、もともと火星探査事業は、NASAが長年に渡り築き上げてきた“専売特許”だったはずだ。

それをいまさらイーロン・マスク氏に横取りされてしまうのは絶対に承服できないだろう。だから火星人とコンタクトを取り、UFOを使って攻撃させ、事業そのものを潰そうとしたのであれば…?火星の秘密と植民地化を防ぐという観点でみれば、火星人に大きな利益をもたらす“NASAだからこそ可能な企み”かも知れない。

 

【参考・画像】

UFO Destroys SpaceX Rocket On Launch Pad? – Paranormal Crucible – Youtube

 

[いっしょに読みたい]

※ ザンビア上空に100m超「巨大飛行物体」出現!秘密結社が関与か

※ アポロ11号が月面でとらえた「ロケット型UFO」の正体とは!?

※ 「魂と魂の交流」指を喉まで…女性がエイリアンとの交流告白