意外と知らない!? 女性の味方「綿棒」のいろいろ活用術

roco / PIXTA(ピクスタ)

綿棒は、主な使用用途である耳掃除以外にも、使い道がたくさんある万能アイテムだというのをご存じだろうか?

最近では、レストランやホテルなどの化粧室で綿棒を置いてあるところもあるが、何といってもメイクのときは綿棒が重宝する。

アイシャドーをぼかすときも、綿棒を使えば自然な仕上がりになる。特に2~3色使ってグラデーションを作るときなど、色ごとに綿棒の使い分けもできる。難しいアイラインも、綿棒の先端をつぶしてから、ペンシルの色を取り、目頭から目尻に向かって引けばOKだ。

コンシーラーでシミやそばかすなどを隠したいときも、綿棒が大活躍する。綿棒にコンシーラーを取って、先端でぼかすように付けるといい。他には、はみでた口紅を拭ったり、汚れを拭き取ったり、メークの補修にも便利。

裏技としては、ビューラーとしての使い方もできる。マスカラを塗ったあとに、綿棒でまつげを上げ、ドライヤーの熱風を当てるだけ。クルンとさせることができるので、旅行やお泊りなど荷物を減らしたいときにおすすめ。

また、ネイルアートにも綿棒が便利! はみでたマニキュアを拭き取ったり、カラージェルを付けてドットネイルにすることも!

他には、アトマイザーの代わりに使っているという人も。お気に入りの香水を綿棒に付けて、ビニールの小袋で密封(香りが飛ばないよう密封にすることが重要!)。使うときは、手首や耳の下など、綿棒を軽くこすり付けるだけ。仕事中に香水は禁止だが、仕事帰りに付けていきたいときなど、綿棒に付けて持っていけば荷物もかさばらずに済む。

1本あれば使い道いろいろ! いつでもポーチに数本忍ばせておきたい。

 

【あわせて読みたい】

※ 今日試せる!疲労回復に有効なのは「じっくり湯船に浸かること」

 ハンドクリームの正しい使い方で効果アップ!

※ 春先から気を付けたい日焼け「紫外線」の種類と特徴を知ろう

※ 種類も豊富で失敗しても惜しくない「100均コスメ」を賢く利用

※ 時間のあるときだけでも!差が付くシャンプー前の「ヘアケア」