渡部建に同情する矛盾だらけのネット民! カズレーザーが“会見の核心”をつく

(C)まいじつ 

「なんのためにやったのかわからない」「結局なにも答えていない」など、散々な評判となった12月3日の『アンジャッシュ』渡部建の謝罪会見。しかし結果的には、とてつもない成功を収めたようだ。

「この会見で渡部は、芸能レポーターに囲まれてフルボッコされるばかりでした。苦しい顔で質問から必死で逃げる様子が印象的で、テレビ出演時に見せていた自信満々な姿は見る影もない。あまりにも質問から逃げて、肝心なところは何一つ話そうとしていませんでしたから、芸能レポーターのイライラが画面越しにも伝わってきましたね」(芸能記者)