中居正広の「記者泣かせの交際」いままでノーマークだった理由

(C)まいじつ

ベテランの芸能記者も全くノーマークで“寝耳に水”の報道だった、中居正広の恋人である元ダンサーで振付師の武田舞香さんの存在。

武田さんは安室奈美恵や加藤ミリヤ、『Kinki kids』などのバックダンサーを務め、『AKB48』の『恋するフォーチュンクッキー』では振り付けを担当したという。ダンスの実力については音楽業界ではよく知られているところだ。なぜ、芸能記者たちは知らなかったのか。

「それは恐らく、武田さんがバックダンサー、もしくは振付師という職業だったからです」(芸能ジャーナリスト)

ダンサーや振付師という職業の特性が、交際の隠れ蓑になっていたのだと説明する。

「振付師やバックダンサー同士はあまりお互いに交流をしません。ダンサーたちは孤高のアーティストであることが多く、例えばヘアメークアーティストや舞台演出家などとは交わらないのです。舞台やイベントにさっと来て、さっと帰るのが“格好いい”と思われる職種で、あまり運営者やスタッフと関わり過ぎると“営業をかけてる”と嫌われる職種なのです」(同・ジャーナリスト)

報道では6年越しの交際とされている。密かに変装して出掛けていたのだとしたら、相当に周囲に気を付けて行動していたのであろう。中居のマンションはセキュリティーがしっかりしており、張り込んでも人の出入りをチェックするのは不可能である。そのため、記者たちは手こずったのだ。

 

恋愛関係が発覚しにくい交際相手はほかにもいる

ほかにも、記者泣かせの交際と言われるのが、ヘアメークや美術スタッフ、あるいはADなどのスタッフと、タレントが恋愛に発展する場合だという。

「テレビ局のなかで、あるいは舞台の場合は劇場のなかで、映画なら現場でコンパクトにこもられてしまう場合は、ほぼ恋愛の話は漏れてきません。スタッフたちの結束が固いためです。そうした意味では、中居の場合は、うまく“情報の漏れにくい相手を見つけた”としか言いようがないです」(同・ジャーナリスト)

では、どうしてこのタイミングで女性週刊誌に交際が報じられたのか。

「ジャニーズ事務所からのリークでしょう。『簡単に事務所からは独立できない。メディアはこちらで動かせる』という揺さぶりをかけたのです」(同・ジャーナリスト)

ちなみに、ジャニーズ事務所に直接「中居と武田さんの結婚の予定はあるのか」と聞いたところ「お答えできません」との回答をいただいた。

 

【あわせて読みたい】

※ ひどい内容の「A LIFE」主演木村拓哉に同情論

※ 44歳中居正広に「白髪」と「老眼」が進行中!?

※ 中居正広「独特の結婚観」を覆した新恋人に業界の熱視線

※ 堀北真希が妹の芸能界デビューに激怒

※ 松本人志の「野球ルール変えろ」発言に非難が殺到