LGBT人口7000万人の中国で「夜の街」から起きている変化

(C)Shutterstock

雑誌『TIME』(3月20日号)によると、中国のLGBTコミュニティー人口は推定で7000万人といわれる。LGBTとは性的少数者を指すが、同性愛者・両性愛者に加えトランスジェンダーも含まれている。トランスジェンダーは、身体の性と心の性が一致しない人をいう。

中国では過去に、同性愛者にはむち打ちを行ったり、精神病院へ強制的に送られるケースも頻発したが、現在は違法としていない。しかし、同性カップルや同性カップルを長とする家族は、通常のカップルが享受できる法的保護を得ることができない。つまり、差別は厳然として残っている。

「TIME誌の数字はかなり過大ですが、数年前まで中国ではLGBT系サイトはよく削除されて、まともな通信ができず、パートナーを探すのに苦労していました。いまはサイトが遮断されることもなく、毎日300万人が交流サイトを利用しているとみられています。中国では同性愛結婚は認められておらず、社会的な蔑視は根強いままです。LGBTが普通に生活する“権利”を得られるのは、まだ先のことになるでしょう」(上海駐在会社員)

先進国に比べると、いまだに中国のLGBT認知度は低いようだが、新たな側面も注目されている。

 

北京の繁華街にLGBTコミュニティーが形成されつつある

「7000万人といえば、宗教の自由が制限されている中国では、地下教会のキリスト教信者とほぼ同数です。LGBT市場は3兆ドルともいわれ、新しい“もうかる産業”として注目が集まっているのも事実です」(同・会社員)

このような新たなコミュニティーの台頭とともに注目されている街がある。北京の三里屯(サンリトン)だ。世界最大規模を誇るアディダス旗艦店やユニクロ旗艦店、中国初のアップルストアなど話題の店舗がずらりと顔を並べ、夜ともなれば深夜レストランやサパークラブにバー、パブ、スナック、カラオケ、ナイトクラブなど何でもある、まさに北京のホットスポットなのだ。

TIME誌によると、ゲイバー経営者の声として「ゲイ系の店は、かつては外国人客が半数以上でしたが、数年前から中国人客が増え、それがいまでは外国人の方が目立たなくなったというほど国内化しています」といったコメントも掲載されている。

同じような外国人相手のバー街は上海や深セン、広州、青島、大連などにもあって、いずれも内装や接客は欧米と変わらないものの、やはり多数派は中国人だ。

数の多さを追い風に急速に発展している中国のLGBT市場。もう少し彼ら彼女らが市民権を得られれば、新たなビジネスが中国からスタートするかもしれない。

 

【画像】

(C)rawf8 / Shutterstock

【あわせて読みたい】

※ 北朝鮮が史上初の外国人暗殺を目的に「乱数放送」再開

※ 金正男の暗殺理由は金正恩の実母の出自に原因がある?

※ VXなど北朝鮮の兵器製造をアシストした国連の「スキャンダル」

※ 「トランプは賢い政治家」だと持ち上げていた北朝鮮の危機

※ 「兄殺し」金正恩の未来を日本史から前例から推察すると…