福原愛が中国でテレビ出演「痩せた?」と爆笑誘う

(C)まいじつ

卓球選手の福原愛が、中国のテレビで人気のバラエティー番組『最強大脳』にゲスト出演した。

「同番組は毎回、海外の著名人やタレントをゲストに呼んでいますが、福原がゲストとして紹介されたとき、会場が驚き、盛り上がりました。結婚後に中国のテレビ番組へ出演するのは初めてでした」(特派記者)

“頭の良さ”を競うバトル形式のバラエティー番組で、福原がゲスト出演した放送回では『数独対決』が行われた。その分野の世界王者である日本人の森西亨太さんと、中国人の胡宇軒くんの対決だった。胡くんは13歳ながら、世界ランキング29位という実力の持ち主だ。

番組は、まず対決内容が説明され、次にゲストコメンテーターが招き入れられた。司会者が改めて会場に福原を紹介し、レギュラー審査員で中国卓球ナショナルチーム監督の劉国梁氏に話を振ろうとした。

福原と劉監督は、旧知の仲。劉監督が第一声にもたつくと、福原の方から、「監督、痩せた?」と声を掛けた。

福原は結婚後、幸せ太りからか、一目で分かるほどに顔もふっくらしていた。劉監督はそのことを触れていいのか分からずに困っていたのを、福原が察し、「痩せた?」と、正反対のことを聞いて、会場に笑いを誘ったのだ。

 

自然に番組に溶け込むことのできる福原

「番組は福原のジョークも交えつつ、和やかな雰囲気のまま進められました」(同・記者)

そして、数独対決は、森西さんの勝利で終わった。福原は最後に「同じ日本人の森西さんを応援していたけど、途中から胡くんを応援したくなった」と感想を述べていた。このコメントには会場も大盛り上がりだったという。

「コメントの気が利いているというか、場に適した話をし、笑いが必要な部分ではジョークを言ったりと、福原のタレントとしての才能が存分に発揮されていました」(同・記者)

福原は幼少時代から日本のバラエティー番組に出演し、多くのタレントと共演してきている。そのため、本人も知らないうちにタレントとしての能力を習得していても不思議ではない。

現在、卓球の試合からは離れており、テレビに出演するときは卓球関連に限られると思われた。だが、タレントとしても十分にやっていけそうである。

 

【あわせて読みたい】

※ 「究極のパクリ」と評判の小栗旬&西島秀俊共演新ドラマ「CRISIS」

※ アド街の温泉セクシーシーンで一躍話題になった2人のグラドル

※ WBCレポーターの仕事にプレッシャーを感じていた中居正広

※ 堀北真希が妹の芸能界デビューに激怒

※ 加藤綾子が一心不乱に仕事に打ち込むようになった理由