離婚で傷心中のブラッド・ピットが目覚めた「新しい趣味」

(C)ニュースコム

昨年9月に人気女優のアンジェリーナ・ジョリーとの突然の離婚を発表して、世間に衝撃を走らせた俳優のブラッド・ピット。世界中が憧れる家族が一転、まさかの泥沼という思わぬ展開に発展し、世間がその行方に注目している。

今年のアカデミー賞授賞式では、ブラッドがステージに登場すると、会場にいる多くのセレブリティたちからは、まるで彼の心中を察するかのように温かい拍手が注がれた。

ふたりの間には養子を含む6人の子供がいるが、アンジェリーナが単独親権、ブラッドが共同親権を求めていることから、現在は親権争いの渦中にある。ブラッドは昨年、家族や親戚が集まる欧米の伝統的なイベント『サンクスギビング』の日にも、子供たちに会うことが許されなかった。

この世界一有名な大家族の姿は、もう見られないのか… (C)ニュースコム

いまもなお続く離婚騒動にブラッドも相当参っているようで、今月には元妻のジェニファーと再び連絡を取り始め、いまのつらい気持ちなどを相談していたほど。そんな傷心中のブラッドが、没頭できる新たな趣味を見つけた。

ブラッドが新たな趣味として選んだのは、何と“彫刻”。珍しい趣味だが、もともとブラッドはアートが趣味のひとつ。アメリカの雑誌『People』によると、ブラッドは友人で芸術家のトーマス・ハウシーゴのスタジオで彫刻づくりに励んでいるそうで、関係者は、「彼は最近、日中だけでなく夜中も彫刻を作る日々が続いています」とコメント。どうやら、かなり彫刻に入れ込んでいる様子だ。

まるで、切ない現実を忘れるためかのような没頭ぶりを見せているブラッドだが、周りの友人たちは彼が気晴らしできる新しい趣味を見つけたことに安心しているようだ。関係者によると「親しい友人たちは、彼が新しく熱中できるものを見つけられたことを喜んでいますよ」と話している。

以前は子煩悩な姿を見せていたブラッド。子供たちに会えない時間の淋しさは、彫刻を作ることで埋まっているのだろうか。

 

【あわせて読みたい】

※ ブリトニー・スピアーズが「激太り」からのダイエットに大成功

※ G・パルトロウが「タコを食べない」意外な理由とは

※ ポール・マッカートニーまた来日「閉店セールかよ」とファン辛辣

※ エマ・ワトソンが肌を露出した過激な写真を公開した理由

※ 全ては美貌のために!? マドンナの壮絶食生活とトレーニング法