40歳を過ぎたら受けた方がいい乳がん&子宮がん検診

Ushico / PIXTA(ピクスタ)

最近20~30代にも増え始めているのが、乳がんや子宮がんだ。年齢が高くなるにつれ、発症率も高くなる。そのため、40歳を過ぎたら四の五の言わずに毎年必ず検診を受けたほうがいい。どちらも、早期に発見できれば治せる確率が高くなる病気だからだ。

乳がんは40代後半から50代にかけてが発症のピーク。しかも、がんのなかでも自分で発見できる可能性の高いがんだ。毎月、生理後1週間~10日目のあいだ、乳房が柔らかくなる時期にチェックをするといい。入浴時に鏡と対峙して、左右の乳房にゆがみやひきつれ、えくぼのようなへこみがないか。触ってみて、しこりやこぶがないかをセルフチェックをしよう。違和感は日々との比較で容易に気が付くことができるはずだ。

子宮がんには、子宮の奥にできる『子宮体がん』と、子宮の入り口にできる『子宮頸がん』がある。近年は、子宮頸がんが20~30代の若い女性に急増している。子宮体がんは30代から増え始め、40歳以降の閉経前後に多くなる。

また、子宮だけでなく、卵巣がんも注意しなければならない。初期の場合は、片方の卵巣や子宮を残して治療することもでき、妊娠の可能性を残せる。だが、進行すると卵巣や子宮、すべて切除することになる。これらの卵巣の病気は子宮がん検診では発見できず、自分でも自覚症状が少ない。おなかがぽっこりと出たり、下腹部が痛い、頻尿や便秘など、いつもとちょっと違う症状がある場合は、きちんと病院で検診を受けた方がいいだろう。

胃がん、肺がん、大腸がん、乳がん、子宮がんといったがんは、ほとんどの市町村で検診が行われ、自治体によっては無料で行われていたり、数千円程度の費用で受けることができる。

病気になってしまえば治療費もかかる。40歳を過ぎたら、乳がん子宮がんのチェックは定期的に行いたいものだ。

 

【参考】

※ がん検診推進事業について ‐ 厚生労働省

早期がんで発見すれば、ほぼ治る! ‐ 厚生労働省

【あわせて読みたい】

※ 佐々木希と渡部建に早くも「ビジネス夫婦疑惑」離婚Xデー予測も

※ 有村架純が姉・藍里の「セミヌード」に大激怒し絶縁状態に

※ 報ステ小川アナ後任に急浮上!「野心家」竹内由恵アナの本性

※ 香取慎吾が「隠し子報道」をテレビで完全否定した謎

※ 和田アキ子がロンブー淳に「老害」批判されてブチ切れる