プロ野球スカウトが頭を悩ます関東一・オコエのドラフト指名順位は?

「日ハムのスカウトは県岐阜商の監督と同級生だったとかで、高橋が投げる試合をピンポイントで視察していました。日ハムスカウトが来ない日は、高橋は投げなかった」(在阪球団職員)

一般的に、ドラフト上位で指名する選手は即戦力か将来のエース候補、ある程度の育成期間を要する高校生野手は3位以下で指名される傾向が強い。よほどのスター候補なら、“1位の即戦力投手枠”を捨ててでも獲りにいくが、今、各スカウトは「オコエにその価値があるか」を品定めしている真っ最中だ。

「今年は大学生、社会人投手に逸材が多いが、オコエ、平沢大河(18=仙台育英)などの高校生野手を1位指名し、“クジ引きで外れたら地方の大学投手を”の選択肢も出てきた。もともと、オコエ、平沢は有望大学生投手の抽選に外れたときの外れ1位だったけど、ソフトバンク、巨人など戦力に余裕のある球団は彼らを単独指名してくるかもしれない」(前出・同)

1位指名は運。今年のドラフトの駆け引きは有望高校生を巡る“外れ1位”に主役が変わったようだ。

 

【画像】

※ Tom Wang / Shutterstock