釈由美子久々のTV出演も「違和感満載」顔面に不穏なウワサ

(C)まいじつ

女優の釈由美子に気になる評判が伝わってきた。私生活が“怪しい”というのだ。

釈は2015年に飲食店経営の実業家と結婚をし、翌年に長男が生まれている。結婚までの釈は男性関係が多彩で、芸能プロダクション社長A氏、人気ミュージシャンのGACKT、獣医師B氏などと噂になったことがある。特にGACKTとは10年の長い間にわたり“セフレ”であったことが一部週刊誌で報じられている。

「芸能界の“不思議ちゃん”といわれ、どこか変わった性格であることは確かです。例えば、獣医師との交際は結婚を宣言をしていたのに破局しています。その原因には、釈に男性の方が付いていけない、何か不安定なところがあるみたいなのです」(女性誌編集者)

性格が繊細過ぎるのかもしれないが、それが少々度を越しているとも言われている。

「父親思いで、病気で亡くなったときは、そのどん底のようなつらさをブログで伝えていました。また愛犬家でも知られ、愛犬が死んだ際の様子や遺骨まで掲載しており、これに対してはインターネット上では《いくら何でもやりすぎでは…》と批判を浴びました」(ネットライター)

 

久しぶりにテレビに登場した釈は…

長男の出産後は、子育てに忙しいのか、それほどメディアへ露出しなくなっていた。しかし、4月4日に生放送の『中居正広のミになる図書館』(テレビ朝日系)に出演し、久しぶりに姿を見せると、これがまたネット上で話題となった。

「顔はむくんでいるというより、腫れている感じでした。しかも目がやたら幅広で、どうも前とイメージが違います。そのため、ネット上では《またヤッたか》という声しきりでしたね」(同・ライター)

釈には以前から“美容整形癖”が囁かれてきた。ただ、騒ぎになるたびに所属芸能事務所が「寝起き」、「疲れ」などの理由をつけて否定をしており、その真相は有耶無耶にされてきた。

「この釈の出演番組は生放送だったため、急遽の“メンテナンス”をしたのではないでしょうか。その調整がうまくいかず目立ってしまった、という口さがないネット民もいます。真実はどうあれ、番組で見る釈に違和感があったことは確かです」(同・ライター)

釈はグラビアアイドルとして人気を得て、タレントとして活躍していた。

「かつての彼女は小さめなバストでした。それが“親しみやすい”と人気になったのです。ところが、いつのころからかぱっちりとした目と、豊満なバストに変わっていました。年齢やメイクが影響しているとは思えないほどの変化だったのです」(グラビア雑誌編集者)

しかも彼女は公開しているブログにも、微妙な評判が立っている。

「目を隠していますが、やたらと子供の顔を公開しています。しかし、夫のことはほとんど書きません。最近になって引っ越したことも書いてありました。子供への溺愛ばかりが目立ちます」(前出・女性誌編集者)

精神的に不安定になってなければいいのだが…。

 

【あわせて読みたい】

※ 「ひよっこ」主演の有村架純が撮影現場で愛される理由

※ アド街の温泉セクシーシーンで一躍話題になった2人のグラドル

※ 有村架純が姉・藍里の「セミヌード」に大激怒し絶縁状態に

※ 堀北真希が妹の芸能界デビューに激怒

※ 「ひよっこ」有村架純を公開処刑!スレンダー脇役女優に熱視線