フジテレビ次期社長を巡るキナ臭い話#1

kazukiatuko / PIXTA(ピクスタ)

フジテレビの専務取締役である遠藤龍之介氏が、次期社長に内定したと、一部の週刊誌が報じた。現在の亀山千広社長は、2013年6月の就任以来、年間視聴率を下げ続けている。

亀山社長はプロデューサーだった1996年に『ロングバケーション』(主演:木村拓哉、山口智子)を大ヒットさせている。いわゆる“月9”枠のドラマで、当時の瞬間最高視聴率は43.8%を記録するという、いまのテレビ界では考えられない数字を獲得していた。またメディアミックスという手法を仕掛け、『踊る大捜査線』(主演:織田裕二)シリーズの『THE MOVIE 2 レインボーブリッジを封鎖せよ!』は日本の実写映画歴代興行収入のトップを記録した。

ところが、いまや業績悪化は深刻だ。フジテレビは2015年上期の決算が、1997年の上場以来、初めて営業赤字に転落。2016年4~12月の放送収入も前年同期から減少している。

こんな状況のフジテレビで、次期社長候補として名前の挙がった遠藤龍之介氏は、一体どんな人物なのか。

遠藤氏は芥川賞作家の遠藤周作のひとり息子で、慶應幼稚舎から付属中高に進み、慶應大学文学部仏文学科を卒業。1981年4月にフジテレビへ入社し、現在はフジテレビ専務取締役(総括・放送文化推進・総務・人事・総合開発・広報担当)および、フジ・メディア・ホールディングス(フジHD)取締役を務めている。フジHDは持株会社であり、フジテレビや産経新聞社の親会社だ。

 

次期社長候補の遠藤氏はどんな人物なのか?

hasehase2 / PIXTA(ピクスタ)

「遠藤さんは、親父さんの人脈を使ったマスコミ対策を期待されていたようです。大手出版社系の週刊誌に対する交渉、つまりスキャンダル報道をつぶしてきたことが評価されたのではないかといわれています」(フジテレビ関係者)

遠藤氏はディレクターや編成部長を務めていた時代もあるが、2003年6月に広報局広報部長になると、2006年に広報局長、2008年に取締役広報局長へと昇進していき、広報としては異例のスピード出世を続けた。

ある夕刊紙記者は「2015年に『特区事業室』の担当に就いたことに注目すべき」だと話す。

フジテレビの特区事業室とは“お台場カジノ構想”のことだ。IRをめぐっては、昨年末に整備推進法が成立し、1年以内にカジノの運営方法などを盛り込んだ実施法案が、国会に提出されることになっている。カジノをお台場に誘致しようと熱心に働きかけてきたのがフジサンケイグループだ。

②へ続く

 

【画像】

kazukiatuko / PIXTA(ピクスタ)

hasehase2 / PIXTA(ピクスタ)

【あわせて読みたい】

決断の日近づく中居正広「独立」に黄色信号

「菅田将暉との交際発覚」三浦翔平と本田翼破局していた?

中居正広「スマステ出演」で香取慎吾と爆弾話をブチまける!? 

CD売れないきゃりーぱみゅぱみゅ「賞味期限切れ」の辿る運命

高慢すぎるTOKIOの「編集長」がBPO入り!あわや解散も