モデル愛飲の「コールドプレス」と「スムージー」の違いは?

shimi / PIXTA(ピクスタ)

朝食に、ほうれん草や小松菜などの野菜と果物をミキサーにかけて作る『グリーンスムージー』にはまっている人たちがいる。

このように、食事代わりにグリーンスムージーを飲むことでダイエットをする方法を『クレンズダイエット』と言い、ハリウッドセレブや日本のモデルにも人気の方法だ。そしてここ数年は、その進化版として“コールドプレス”と呼ばれる方法で作られたジュースが注目を浴びている。

ところで、スムージーとコールドプレスの違いが分かるだろうか? 何となく違いは分かっていても、あやふやな人も多いのでは。

グリーンスムージーの考案者ヴィクトリア・ブーテンコ氏によれば、グリーンスムージーとは《生の葉野菜と生の果物をミキサーで混ぜ合わせて作る飲み物》のこと。野菜や果物を丸ごとミキサーで砕くので、ビタミン、ミネラル、食物繊維が豊富。とろみがあるのも特徴だ。

一方、コールドプレスジュースというのは、スロージューサーと呼ばれる低速回転のジューサーで、熱を加えず圧力ですりつぶしたジュースのことだ。

これまでの一般的なジューサーは、高速回転が主流だったため、モーターが出す熱が材料に加わり、栄養素が変化することがあった。しかし、このコールドプレスでは、時間をかけて搾ることで、熱の発生を抑え、栄養素の変化を最小限に抑えることができるのだという。

スロージューサーは各家電メーカーから販売されているほか、昨今は市販の商品でも手軽にコールドプレスジュースを飲むことができる。毎日の習慣にプラスしてみてはいかがだろうか。

 

【画像】

shimi / PIXTA(ピクスタ)

【あわせて読みたい】

※ 意外と知らない!? 女性の味方「綿棒」のいろいろ活用術

※ 春先から気を付けたい日焼け「紫外線」の種類と特徴を知ろう

※ アラサーに襲いかかる「身体の変化」あるある3選

※ 不動産売買の「仲介手数料」は値引き交渉可能と知っていますか?

※ これで女子力向上!「ウェットティッシュ」徹底活用法