佐々木希が“離婚しない理由”はドラマの影響? 高橋真麻の憶測に批判

渡部建  佐々木希 

(C)まいじつ 

12月7日放送の『バイキングMORE』(フジテレビ系)が、3日夜に開かれた『アンジャッシュ』渡部建の謝罪会見を特集。コメンテーターの高橋真麻が、渡部の妻である女優・佐々木希の心中を察した。

4日の放送でも、ほぼ番組全編にわたって不倫会見を特集している同番組。この日の放送冒頭では、渡部が複数女性との不倫を認める一方、不倫相手の人数などを明かさず、曖昧な会見に終始した点に注目した。

MCの坂上忍が「さらけ出した方が(良かった)」などと話を振ると、真麻も「(相手人数を)『すいません、数えてませんでした』とか」「多目的トイレも『六本木ヒルズでの仕事が終わって帰りの導線で便利でした』とか言った方が、まだ…」など、芸人として笑って許せる空気を作るためにも、正直に言うべきだったとの見解を述べる。

続けて、「奥様のこともあったのかな?」と、曖昧な回答に終わった理由を推測すると、ここで「これどうしても言いたかったんですけど、話変わるんですけど。私ずっと考えてて…」と、〝佐々木が離婚せずに渡部を許した理由〟を推測し始めた。

高橋真麻の憶測に「意味がわからない」

真麻は、佐々木が出演したドラマ『雨が降ると君は優しい』(Hulu)の話を持ち出す。このドラマで佐々木は、夫を愛しているが、セックス依存症のため複数の男性と関係を持つことをやめられず、葛藤して治療に苦しむ妻という役柄。真麻は、夫もそれを支えるというドラマのストーリーを説明した。そして、「2人が幸せになるために、パートナーの努力と理解と協力が必要。2人が協力して治していこうっていうことが、ドラマの結末に向かっていく。けっこう深刻なドラマ」「それを演じたっていうことが、渡部さんを許すことに繋がったんじゃないかなって」と、佐々木の心中を推察したのだった。

いたって真面目な考察を述べた真麻だったが、視聴者からは

《は? 何言ってんの?》
《一体何の話、意味がわからない》
《憶測で話を語るなよな…》
《現実とドラマをごっちゃにするな》
《それここで言うことじゃないでしょ…》

などの声が噴出。夫婦間のやりとりを憶測で語ったことや、考察の突拍子のなさに批判が湧くこととなった。

当の本人は、いかなる理由で離婚を踏み留まっているのか…。何年後かには、語られることに期待したい。

【あわせて読みたい】