『CDTV』なぜキンプリだけ!?“不遇な扱い”にファン激怒「精神鍛えられた」

King & Prince 

画/彩賀ゆう  (C)まいじつ 

12月7日放送の『CDTV ライブ!ライブ!』(TBS系)に、ジャニーズアイドルの『King & Prince』が出演。しかし、なぜか同グループだけが〝不遇な扱い〟を受けており、ファンから怒りの声が上がっていた。

この日の番組冒頭では、同番組オリジナルの〝年間ランキング〟を放送。その合間に大人気ガールズグループ『NiziU』が、デビュー曲『Step and a step』をフルコーラスで披露する。

「キンプリ」は後半に登場したが、彼らの新曲『I promise』は、なぜか〝フル〟ではない短縮バージョンで披露されたのだった。

『CDTV』がキンプリだけにヒドい仕打ち?

この日の番組でパフォーマンスを行ったのは「NiziU」と「キンプリ」の2組のみ。にもかかわらず「キンプリ」だけが短縮バージョンだったのだ。これにはさすがのファンも大激怒。ネット上には、

《キンプリのフル歌唱は無理なのでしょうか? キンプリだけフル歌唱させてもらえないのは悲しいのでお願いします》
《何でキンプリは、いつまで経ってもCDTVでフルで歌わせてくれないんすか? 某グループは歌ってますよね。そもそもCDTVはアーティストの楽曲をフルでお届けがコンセプトではなかったのですか?》
《いつになったらキンプリさんフルで歌わせてもらえるん? CDTVってフルが歌うのが売りじゃないの?》
《訳分からんランキングを見させられて、訳分からん上にキンプリさんがランクインしてるわけでもなく、フルで歌う訳でもなく、また精神鍛えられた》

などの悲痛な叫び声が続出している。

また同番組は、なぜか異様に「NiziU」を持ち上げる傾向が。彼女たちの〝尺〟を長くとるために「キンプリ」が犠牲になったのかもしれない。

【あわせて読みたい】