『ひるおび!』八代弁護士が“韓国推し”を一刀両断!「歴史に残る名言」

BTS 防弾少年団

(C)Featureflash Photo Agency / Shutterstock

12月8日放送の『ひるおび!』(TBS系)では、7人組ヒップホップグループ『BTS』について取り上げられる一幕が。そこでレギュラーコメンテーターで弁護士の八代英輝が言い放った一言が話題になっているようだ。

この日の番組では、「BTS」がアジア最大級の音楽授賞式『2020 MAMA(Mnet ASIAN MUSIC AWARDS)』で8冠を達成したことについて報道。また9月23日に国連総会で特別スピーチを披露したことや、11月25日に行われたグラミー賞で「最優秀ポップ・デュオ / グループ・パフォーマンス」にノミネートされたことなども併せて紹介された。

そうした「BTS」の躍進についての報道や、映画『パラサイト 半地下の家族』がアカデミー賞を受賞したことを受け、MCの恵俊彰は「韓国すごい勢いですよ」と話を振る。すると八代弁護士は「BTS」について「かかってても、とばしますけどね。もう飽きちゃって」と、いきなり否定的なコメントを繰り出す。

八代弁護士の意見を聞いた恵は「あ、そうですか」と落胆し、「とばすことはないんじゃないんですか?」と質問。すると八代弁護士は、「僕、この喜びがちょっと伝わんなくて…韓国のグループじゃないですか、なのに我が国のことのように喜んでるじゃないですか、テレビ中心に。それが若干ついていけないところがあって…」と自身の心境を述べていく。

続けて八代弁護士は、「パラサイトはすごいなっていうのは確かに思いました」とコメント。これに対して恵は嬉しそうに「パラサイト面白かったですもんね」と同調したのだが、八代弁護士は「僕ダメでした」と突き放すように言ってのける。いたたまれなくなってしまったのか、恵は「やめますかこの話」と会話を打ち切るのだった。

視聴者の気持ちを代弁? 八代弁護士の発言に賛否

徹底的に韓国発のカルチャーを批判する八代弁護士に対して、ネット上では、

《「BTSの曲が流れたら飛ばす」は歴史に残る名言》
《八代さんの言う通りだわ。BTSの子たちはキレイだし歌も躍りも上手で頑張ってるけど、この騒ぎは異様》
《八代さんの意見に完全同意。取り上げすぎて気持ち悪い》
《あれをあそこで言えるのって素敵やわ(笑)》
《韓国にケチしかつけない弁護士…》
《八代さんなかなか攻めるね。でも、パラサイト嫌いな理由が浅すぎる。批判するならしっかりとしてほしい》
《ひるおび見てたけど笑った。悪意なんかないよね、八代さんの感想だよね。ARMYだけど全然不快じゃなかったよ》

などと、さまざまな意見があがっている。

切れ味のあるコメントで、スタジオの空気を変えた八代弁護士。反響はさまざまだったが、世のブームに一石を投じる結果となったようだ。

【画像】

Featureflash Photo Agency / Shutterstock

【あわせて読みたい】