GWは舞台にライブ…井の頭公園「百周年記念行事」多数開催!

SHOGO KAWAMURA / PIXTA(ピクスタ)

東京の人気スポットである『井の頭公園』が、5月1日に開園100周年を迎えることを受けて、さまざまなイベントの開催が予定されている。

井の頭公園は多摩地区の武蔵野と三鷹市にまたがる日本初の郊外公園として1917年(大正6年)にオープン。神田川の水源地でもある井の頭池を中心に、動物園やテニスコート、野外ステージなどがあり、2001年には公園西部に宮崎駿アニメを網羅する『三鷹の森ジブリ美術館』もオープンした。

100周年イベントは“井の頭恩賜公園100歳記念ウィーク”として、西園競技場を中心に5月1~7日まで実施される。2日の18時45分からは100周年記念として製作された映画『PARKS パークス』(監督・瀬田なつき)の演劇版を『パークス・イン・ザ・パーク』として、劇団ロロが公演。昼間の舞台稽古も公開するそうだ。同映画は、50年前の1960年代と現在の吉祥寺の音楽をつなぐ作品で、橋本愛、染谷将太らが出演。4月29日からは地元の吉祥寺オデヲンで公開する。

5日12時からはジブリ映画『千と千尋の神隠し』の主題歌を歌った、木村弓らのライブコンサートが行われるほか、3日は武蔵野市のマルシェ、4日は成蹊大学など地元学生によるバンド演奏などもある。

また、公園内にある井の頭自然文化園(動物園)では、5月4日に入園料が無料になるほか、5月7日まで『100年写真展』を開催中だ。ここには昨年までアジア象のはな子がいたところで、5月5日にはJR吉祥寺駅北口で、はな子の銅像除幕式も行われる。自然文化園はカピパラや日本リスなどの小動物を間近でみることができる。

 

公演のボートにカップルで乗ると別れるというジンクスは本当か?

230 / PIXTA(ピクスタ)

さらに謎解きゲームの『探偵ムサシと100人の妖精』も5月7日まで開催されている。これは井の頭公園周辺の指定されたポイントへ行き、そこにある問題を解くというもので、正解者にはオリジナルカードのプレゼントなどがある。

井の頭公園へのアクセスは、JR中央線の吉祥寺駅と、京王井の頭線の井の頭公園・吉祥寺駅が最寄り駅だが、京王電鉄では5月1日から、吉祥寺駅などで記念乗車券(3000部・1セット500円)を発売するほか、井の頭線に記念ヘッドマークをつけて運転している。

最後に井の頭公園といえば、やはりボートを思い浮かべる人も多いだろう。

「ボートに乗るカップルは必ず別れるという都市伝説もありますが、それは昭和の話です。100周年を機会に池の水を抜く“かいぼり”も行っていますから、池もきれいになりました。新緑のこの時期、池から見る公園は最高ですよ」(地元住民)

100周年で盛り上がる井の頭公園の魅力は尽きないようだ。

 

【画像】

SHOGO KAWAMURA / PIXTA(ピクスタ)

230 / PIXTA(ピクスタ)

【あわせて読みたい】

※ 坂口杏里のインタビュー掲載で「婦人公論」が思わぬトラブルに…

※ カンニング竹山が「ジャニーズ忖度」にキレ芸発動!その思惑は…

※ 金満太りで失業!? 仕事激減の小嶋陽菜「AKB残留」嘆願中

※ 切っても切れないジャニーズとセクシー女優「蜜月関係」の真相

※ 木村拓哉長女「進学先高校」周辺で張り込む芸能記者の目当ては…