アンジャ渡部が「司会業に専念」のため相方・児島を捨てる!?

(C)まいじつ

女優の佐々木希と結婚したお笑いコンビ『アンジャッシュ』の渡部建に、芸人卒業をして“司会業に専念する”という噂が出ている。

「渡部の相手を見て態度をころころ変える姿勢は、テレビ業界では有名な話です。テレビ局のプロデューサー、ディレクターにはもちろん敬語ですが、ADとはまず口を利かず、名前も覚えようともしません」(制作会社スタッフ)

芸人仲間からの評判もあまりよくない。プライベートで交流のあるカンニング竹山や、有吉弘行らも、渡部から徐々に離れ始めているという。その嫌われる一番の理由は、相方である児嶋一哉への接し方だ。

「アンジャッシュのふたりは本当に仲が悪い。渡部が児嶋をバカにし、真剣に向き合おうとしないのです。仲違いした最大の理由は収入格差です。渡部の年収は1億円を軽く超えていますが、対する児嶋はせいぜい2000万円ちょっと。渡部は金に細かく、個人の仕事は所属芸能事務所に1割、残りは全部受け取る契約だそうです」(業界関係者)

 

渡部が児島に冷たいのはだらしないから?

そんな渡部だが、少ないながらも一部からは擁護する声も聞こえてくる。

「渡部はストイックで、他人に厳しいが、自分にも厳しい。相方の児嶋を突き放すのは、児島がだらしないからでしょう。渡部は他人に心の内をなかなか見せないが、信頼関係で結ばれたらあれほど頼れる人間はいません。芸人を辞めるという噂も、渡部をやっかむ芸人仲間が発信した可能性が高いと思います」(民放局関係者)

渡部に関連して、もうひとつ気になるのは、佐々木の今後だ。彼女は彼女で近い将来に、仕事をセーブして出身の秋田県に戻るのではないかという噂がある。そうなれば、新居は当然ながら佐々木の実家に近い秋田に構え、渡部の仕事の内容も大きく変わる可能性がある。

「渡部が4月から新たに司会に就任した『王様のブランチ』(TBS系)を見れば分かるように、渡部はやっぱり司会業を本業にしたいと思っているのでしょう。いまは東野幸治や宮迫博之らが交代で務めている『行列のできる法律相談所』(TBS系)で、単独のメインMCも狙っていると聞きます」(前出・スタッフ)

児島のことは見捨てるのだろうか。

 

【あわせて読みたい】

※ 坂口杏里のインタビュー掲載で「婦人公論」が思わぬトラブルに…

※ なぜ?女性に人気「女性アイドル&モデル」写真集の秘密

※ 金満太りで失業!? 仕事激減の小嶋陽菜「AKB残留」嘆願中

※ 切っても切れないジャニーズとセクシー女優「蜜月関係」の真相

※ 上沼恵美子「抱きしめてやりたい」坂口杏里へ語りかける