苦戦続く「東京ディズニーリゾート」満を持して繰り出す秘策

(C)いらすとや

東京ディズニーリゾート(TDR=千葉県浦安市)が集客に苦戦している。TDRを凌駕する勢いを見せるユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ=大阪市)の動向と対比しつつ、レジャー誌記者が解説する。

「『東京ディズニーランド』と『東京ディズニーシー』を合わせたTDRの2016年度入場者数は、対前年比マイナス0.6%の3000万人でした。2年連続の前年割れで、対するUSJは同5%増の1460万人。こちらは3年連続の増加で、ディズニーシー単体の入場者数よりも上です。もちろん、TDRはこの3年間で19.4%の値上げを実施したので、その影響が大きかったのでしょう。しかし、入場パスポートの金額は、USJが2017年2月から大人1日パスポート7600円で、TDRのそれを上回っています。しかも、こちらは8年連続の値上げ。つまり入場料の上昇だけがTDR入場者数に影響しているとも言い切れないのです」

TDRは開園30周年となった2013年に、入場者数3000万人を突破しており、前年の2750万人から一気に380万人も増加した。2014年はさらに増えて3138万人。その背景には、外国人観光客の来園者が爆発的に増えたことがある。しかし、これにより人気アトラクションなどは1時間半以上の待ちになるなど、大混雑ぶりに不満の声が多く聞かれるようになった。

 

人気コンテンツのアトラクションを次々投入してきたUSJ

「TDRが想定を上回る増加ペースに対応できなかったことに加え、人手不足を背景にスタッフの確保にも手間が掛かり、対応が後手に回ったことも影響しています。一方のUSJは、2016年3月に設けた新型ジェットコースター『ザ・フライング・ダイナソー』が人気で、2014年導入の『ハリー・ポッター』は訪日外国人も含め国内外で強い集客力を持っています。また、『エヴァンゲリオン』、『名探偵コナン』、『進撃の巨人』、『ドラゴンクエスト』など人気コンテンツが多く、ゴールデンウィーク前の4月21日には、新たに『ミニオン・パーク』もグランドオープンさせました。対してTDRは、混雑を覚悟してでも行きたいというような斬新な企画がなく、マンネリ化が浸透してしまったと言えます」(同・記者)

そんななか、TDRを運営するオリエンタルランドは先ごろ、新アトラクションの起工式を行った。新開発エリアの目玉は、現在、大ヒット中のディズニー映画『美女と野獣』の世界を体験できるという。

「ディズニー映画の世界を存分に楽しめる新たな仕組みだということです。アトラクション投資総額は約750億円で、今後はさまざまな回復策にかなりの資金を注ぎ込む方針のようです」(同・記者)

30年も経過すれば勤続疲労も出て当たり前。満を持しての新規投資で、TDRは巻き返すことができるか。

 

【画像】

(C)いらすとや

【あわせて読みたい】

※ アンジャ渡部が「司会業に専念」のため相方・児島を捨てる!?

※ なぜ?女性に人気「女性アイドル&モデル」写真集の秘密

※ 金満太りで失業!? 仕事激減の小嶋陽菜「AKB残留」嘆願中

※ 切っても切れないジャニーズとセクシー女優「蜜月関係」の真相

※ 上沼恵美子「抱きしめてやりたい」坂口杏里へ語りかける