フジ宮澤智アナ「野球選手婚活」阻む新人アナに大憤激

(C)Shutterstock

北海道日本ハムファイターズの大谷翔平に、“最も恋人に近い女子アナ”が出現した。

これに対して、大谷のことを狙っているとされるフジテレビの宮澤智アナが歯ぎしりしているという。

「宮澤アナは、これだという若手のプロ野球選手に対しては、高校時代や入団したてのころから、みんな総ざらいにして取材をしています。その目的は“婚活”で、まずは取材で接触するのです。周囲から“取材魔”といわれているほどです。その宮澤アナに大敵が現れたわけです」(スポーツ紙記者)

宮澤アナは現在、週末のスポーツ情報番組『スポーツLIFE HERO’S』の土曜日担当している。以前は土曜と日曜の担当だったが、出演を1日減らされたことには理由がある。

「日曜日のHERO’Sはフリーアナウンサーの加藤綾子が担当しているのですが、彼女が『宮澤を外して』と強硬に主張したのです。加藤も何かというと取材の名目で大谷に接近するのが番組内でも問題になったことがあります。そのため、加藤と宮澤はお互いをライバル視しているのです。こういう経緯があり、日曜が加藤で、土曜は宮澤という布陣になったのです」(フジテレビ関係者)

 

宮澤の前に突如として登場した加藤以外のライバル

しかし、宮澤に加藤以上のライバルとして立ちはだかりそうな、強力な新人が現れた。4月にフジテレビに入社したばかりの新人アナウンサーの久慈暁子アナだ。

久慈アナは大谷と同じ、岩手県奥州市の出身。彼女は青学大時代に、同市の小沢昌記市長を囲んで大谷と広報誌で対談したり、その後も雑誌媒体の企画でも大谷と会っている。

「小沢市長は久慈アナと大谷選手に交際と結婚を勧めたほどです。その場の冗談だったかもしれませんが、これをきっかけにして女性誌の対談で食事会もしています。まだ久慈アナは学生でした」(前出・記者)

その一方で、宮澤アナは高校時代から大谷と面識があり、大谷に一番近い女子アナといわれていた。また日本ハムの地元の札幌にあるA放送のTアナも、常に大谷を取材する立場にあり、宮澤アナの最大のライバルだとみられていた。ここへ、久慈アナの名前が急に挙がってきたのだから、宮澤アナも内心穏やかではないだろう。

さらに、宮澤には不利な情報も舞い込んできている。宮澤が去った日曜のHERO’Sの後任に、久慈アナが就くのではないかとの噂がある。

「加藤が宮澤アナを追い出したかったのは、大谷はもちろん、意中の横浜DeNAベイスターズの筒香嘉智との“恋活”を邪魔されたくないためです。そんななかで、すでに大谷に狙いを付けている若い女子アナが台頭してくるのは、加藤にとっても不快のタネ以外の何物でもありません」(前出・関係者)

予想だにしていなかった加藤、宮澤アナ、久慈アナの三つ巴。女子アナ界は、もはや男狩りの集団だ。

 

【画像】

(C)PhotoMediaGroup / Shutterstock

【あわせて読みたい】

※ 女優・広田レオナが語る「こじはるブス炎上事件」の真相

※ 泰葉が坂口杏里「救済計画」養子にしようと決意したが…

※ 有村架純が朝ドラ終了後10月に計画する衝撃的な「サプライズ」

※ 菊川怜「文春砲」を放たれるも「とくダネ!」で完全スルー進行

※ 「一緒に寝ようよ」老人ホームで相次ぐ恋愛・セクハラトラブル