『霜降り明星』粗品が“大物俳優”へ失礼発言!「ガチで無知すぎる」

(C)Krakenimages.com / Shutterstock 

12月8日放送の『霜降りバラエティ』(テレビ朝日系)で、『霜降り明星』粗品が常識問題に挑戦。しかし、常識力の低さを露呈し、ネット上からは呆れ声が続出している。

この日に放送されたのは企画「クイズ粗品ネア」で、『霜降り明星』せいやが粗品に常識問題を出題。しかし、首につけるチョーカーのことを「リングネック」、舞茸のことを「ヒラタケ」と答えるなど、常識力の低さが露呈した。また、有名人の顔写真を見て名前を当てるクイズでは、女優・渡辺えりのことを「林真理子」、ロバート・デ・ニーロのことを「ジョージ」と回答。あまりの非常識ぶりにスタジオが凍りつく事態となった。

「さらに視聴者をあ然とさせたのは、俳優・豊川悦司の写真が出題されたときです。粗品はためらうことなく『古市憲寿』と回答。しかも粗品は、〝豊川悦司〟と正解を伝えられたにもかかわらず、『誰やねん! 知らんわ!』と開き直り。これにはゲスト出演していた、『ぼる塾』のあんり、『蛙亭』の2人から驚きの声があがりました。相方のせいやも、ドン引きしていましたね」(エンタメ誌記者)

粗品の無知さに視聴者も絶句?

粗品の発言に、ネット上では

《粗品、今までどうやって生きてきたんだ》
《粗品がガチで無知すぎる》
《いくらなんでも豊川悦司を知らないってないだろ~。そんなに世代違うか?》
《知らないのは全然構わないけど、「誰やねん」はかなり失礼だわ》
《ここまで常識がないとは…。まさかウケ狙いじゃないよなw》
《この常識の無さはかなりやばいレベル。芸能界で仕事してるんだから、せめて俳優の名前くらいは知らないと、後でトラブルになるぞ》

などといった呆れ声があがっている。

粗品は同志社大学文学部を中退しているが、超難関大学として知られているだけに、あまりの常識力の欠如に驚いたファンも多かったようだ。

『オールザッツ漫才』、『R-1ぐらんぷり』、『M-1グランプリ』の最年少優勝記録など、新世代のお笑いを担うとされている粗品。今後の番組MC起用に備えて、知識をつけておいたほうが無難かもしれない。

【画像】

Krakenimages.com / Shutterstock

【あわせて読みたい】