亀梨和也「露骨優遇」の理由③~山下智久との「差」

ジャニーズ事務所が亀梨和也を看板タレントに押し上げるため、必死のキャスティングをしてきている。

「日本テレビのスポーツ番組『Going! Sports&News』の司会を中心に、同局のドラマ『ボク、運命の人です。』でも主演。今年は2作品の映画にも出演している。ジャニーズ事務所戦略なのでしょうが、日本テレビへの出演が露骨に多い。“亀梨=日テレ”という印象付けを行っているのかもしれません」(テレビ雑誌編集者)

今年で40回の節目を迎える同局夏の恒例番組『24時間テレビ』は、『嵐』の櫻井翔、『NEWS』の小山慶一郎、そして亀梨がメインパーソナリティーを務めることが発表されている。

「3人全員が日本テレビで活躍しています。特に小山に関しては、ニュース番組『news every』でキャスターを務めており、その落ち着いた口ぶりと知識の豊富さは、アナウンサー以上だと言われるほどです。櫻井も週に1回ですが『NEWS ZERO』のキャスターとして出演しています。亀梨もGoingでMCを務めており、櫻井、小山、亀梨で日本テレビの“ジャニーズ司会トリオ”が顔を揃えます」(同・編集者)

しかし、ここで不思議なのが、亀梨とドラマで共演している山下智久が完全に蚊帳の外になっていることだ。亀梨と山下は過去に同局のドラマ『野ブタ。をプロデュース』で共演し、プライベートでも仲がいいことでも知られている。

 

ジャニーズ事務所に従うかどうかで生まれた待遇の差

「山下は現在、石原さとみと半同棲中だと報じられていますが、ジャニーズ事務所から交際の許可が出ていないようです。しかし、亀梨は深田恭子と交際しており、こちらは事務所が許可したといわれている。これは、山下が過去にメリー喜多川副社長とギャラを巡ってトラブルを起こしたことが尾を引いているのです」(ジャニーズライター)

この亀梨と山下の差は、両者のジャニーズ事務所への態度の差がそのまま出ているのだ。

「亀梨は野球好きで、中居正広とも仲がいいのですが、先日放送の『TOKIOカケル』(フジテレビ系)へゲスト出演した際に、木村拓哉のことを持ち上げて、ジャニーズ事務所の信頼を得ました。そのため、亀梨は将来、中居とともに独立しても、業務提携するという条件が出されるようです。一方で山下は、24時間テレビの処遇を見ると、近いうちにジャニーズ事務所から退所に追い込まれる可能性もあります。山下には提携もないといいます」(同・ライター)

果たして亀梨は、このまま事務所の意向通りに親友の山下を切るのだろうか。

 

【特集:亀梨和也「露骨優遇」の理由】

#1新しい看板タレントが欲しいジャニーズ

#2弱まりつつあるジャニーズの力

※ #3山下智久との「差」

【あわせて読みたい】

※ 亀梨和也を厚遇するジャニーズ事務所の「真の狙い」とは

※ 亀梨ら3人「24時間テレビ」司会起用の裏にある安易なカラクリ

※ くすぶるTOKIO解散説①~「鉄腕DASH」での不協和音