『FNS歌謡祭』平手友梨奈“ソロ曲”が相変わらずイタい「何も変わってない」

平手友梨奈 

(C)まいじつ 

元『欅坂46』(現・櫻坂46)の平手友梨奈が、12月9日放送の『2020FNS歌謡祭 第2夜』(フジテレビ系)に出演。ソロ転向後の楽曲を初披露したのだが、その歌詞が物議を醸している。

これまでの同番組ではコラボパフォーマンスが多かった平手だが、今回はソロでテレビ初歌唱。披露楽曲も放送内で初めて明かされるという、相当な高待遇で迎え入れられた。

イチから制作に携わったという楽曲タイトルは『ダンスの理由』。作詞にはグループ時代同様に秋元康氏を迎え、クールな表情で激しいダンスを繰り広げた。

そして、この歌詞には「結局あの娘を見てると 一番辛かった頃の私を思い出すの」「誰かがいてくれたら 普通でいられた」「誰もいなかったから 仕方なく踊るしかなかったんだ」といった文言が並ぶ。まるで、自身の芸風を考えてグループを脱退し、新たな道へと進んだ自身に重ね合わせるような歌詞だ。

大人に支配され続ける平手友梨奈の人生

「欅坂」時代のオタクは大絶賛だったこのパフォーマンスだったが、グループ時代から相も変わらぬ〝世間への反抗〟〝大人へのアンチテーゼ〟といった陰鬱な世界観の歌詞は、平手への同情も招くことに。「枠に当てはめられることが嫌で脱退したはずなのに」と考える人も多く、

《もしこの歌詞が当時の事を表しているのだとしたらば それをもたらした氏の影響は大きいのでは?》
《平手は欅時代の嫌な思い出は捨て去って、また新しい自分になって明るい未来を作るべき》
《そのうち「仕方なく踊るしかなかったんだ」って歌うのも嫌だったんだ、とか歌ったりして》
《せっかく脱退してソロになったんだから、もっと色々な挑戦してみた方が良い。秋元康さんが作ったこの歌詞では、欅坂46から何も変っていない》
《これはご本人ではなくプロデュースする側の問題だと思うんですよね》

などの感想がネット上に噴出したのだ。

「これは素晴らしい自己批判と矛盾を表した高度な文章表現。『欅坂』時代、『君は君らしく生きて行く自由があるんだ 大人たちに支配されるな』と歌いながら、同じ衣装を着て、大人たちが決めたグループカラーを表現し、握手会をやらされるという皮肉な惨状から、ワンランクもツーランクもアップしています。普通なら『ブーメラン』だの『お前が言うな』だの難癖をつけられるものですが、そうならずに称賛を沸かせるのは、文句さえも弾き返すさすがの作詞センスと言う他ないでしょう」(音楽ライター)

一般層からの評判は最悪だったが、〝NEW平手友梨奈〟になってしまうのではと心配したファンは、変わらぬ芸風にひと安心したことだろう。

【あわせて読みたい】