ココリコ・田中直樹が小日向しえに親権を譲らなかった理由

(C)まいじつ

芸能界で“おしどり夫婦”と言われていた『ココリコ』田中直樹と小日向しえが離婚を発表したため、さまざまな憶測を呼んでいる。

「子供の親権は母親の方が強く、よほどの過失がない限り、父親が持つことはないのが一般的です。しかし、子供の親権を田中が持つことが公表されています。小日向が離婚の理由なのでは? と噂されているのも仕方がありません」(芸能記者)

インターネット上では、《小日向が活動しているバンドのメンバーと不倫していたからだ》という疑惑も飛び交ったが、小日向のバンドのメンバーは全員女性であるため、すぐにデマだとわかり、拡散は止まった。

田中は、レギュラー出演している朝の情報番組『ZIP!』(日本テレビ)に出演し、番組冒頭で「このたびは自分の個人的なことでお騒がせしてしまいまして申し訳ありません」と謝罪をしている。続けて「もう頑張るしかないと思っている。きょうの木曜ZIPもよろしくお願いします」と語った。

ふたりの離婚理由を報じたスポーツ紙などによれば、田中が小日向の浮気を疑い、疑惑の目を向けられた小日向が猛反論、あるいは小日向が駆け落ちをしたというものまであった。

小日向は、離婚発表1カ月前の4月2日に非常に意味深なツイートをしている。

この、《お金持ちで~》というのが、田中ではないかとみられている。

田中は人気芸人で《新しい武器》というのはおもちゃやゲーム、《人を集める》は芸人仲間や腕利きの弁護士という意味に取れる。さらに、吉本興業という芸能事務所が壁となって守ってくれるという立場でもある。

一方で、小日向にはそういった後ろ盾がないという例えになり、《攻撃》という言葉は“親権を取り上げられる”という意味に取れなくもない。

また、小日向は離婚発表の直前である4月24日に、次のようにツイートしている。

また、インスタグラムにも意味深な投稿をしている。

「小日向はツイッターやインスタグラムで、家族に関する投稿を何度もしていましたが、田中に関する投稿は2年ほど前から出てきていません。離婚の原因になるようなことが、そのころからあったのではないかと推測されます。子供に対する愛情をわざわざ外に向けてアピールしながらも、結果として親権を取ることができていない。つまり、離婚に至った原因は小日向にあるということでしょう」(前出・記者)

いまは攻撃される側に回っている小日向だが、反撃をする意志はあるのだろうか。

 

【あわせて読みたい】

※ 「一緒に寝ようよ」老人ホームで相次ぐ恋愛・セクハラトラブル

くわばたりえが今度は医師に苦言「クレーマー気質」非難殺到

※ 泰葉が坂口杏里「救済計画」養子にしようと決意したが…

※ 「楽屋に走り号泣」久本雅美が語った女芸人としての奮闘劇

※ 菊川怜「文春砲」を放たれるも「とくダネ!」で完全スルー進行