『#リモラブ』第8話まさかの“寝取り”展開? 親友の裏切りに大興奮!

#リモラブ~普通の恋は邪道~ 

画/彩賀ゆう  (C)まいじつ 

12月9日、波瑠主演のドラマ『#リモラブ ~普通の恋は邪道~』(日本テレビ系)の第8話が放送された。寝取り寸前の展開に、ネット上ではざわめきが起こっている。

主人公は、恋愛をさぼってきた〝おひとり様〟産業医・大桜美々(波瑠)。「コロナパニック」の世の中を過ごす中で、ふとオンラインで知り合った相手「檸檬」にSNSで恋をしてしまう。しかも相手は、どうやら社内にいるらしい…というストーリー。

これまでの話で、「檸檬」の正体は青林(松下洸平)だと判明。そしてついに美々と青林はお互いの素性を明かして付き合うことになった。

第8話では、美々と青林が仲良くおうちデートを楽しむ。さらに青林の故郷から叔母がやって来て、3人で会話をする場面も。ここで、叔母から美々とは不釣り合いに見えると言われた青林が、「僕は彼女といると楽しい」「自分と違うから会うたびに引かれるし、会うたびにもっと一緒にいたいって思う」「お似合いかどうかは、僕が決める」などと、いつになく男らしさを見せて真剣な思いを告白するのだった。

美々は青林の意外な一面を知ってますます好意を抱くのだが、その一方で円形脱毛症になっていることが判明。知らず知らずのうちにストレスを抱えていたようだ。

そんなとき、青林の同僚である五文字(間宮祥太朗)が美々の些細な異変に気付き、「頑張り過ぎちゃうところ、あるんじゃないですか? 気付かないうちにストレスためてたりとか」と優しい言葉をかけていく。そして、以前から美々のことが好きだった五文字は、美々に迫ろうとするのだった。

寝取り展開に“五文字派”が歓喜の声!

青林と五文字は親友関係で、五文字は美々と青林が付き合っていることを知っている。にもかかわらず美々に迫ったことに、ネット上では、

《やばい! 寝取り展開!》
《親友の彼女取ろうとするとかヤバい奴やん》
《五文字ー!お前親友を裏切るのかー!》

などと驚きの声が続出。しかし一方で、同作には以前から〝五文字派〟が多かっただけに、

《やばい青林の比じゃないくらいキュンとするわ》
《これ、ラスト五文字とくっつくパターンだったら、すごい脚本!》
《ごめん青ちゃん、わたし速攻でごもちゃんに寝返らせていただきます》

など、五文字を推す声が多く上がっている。

五文字が美々を好きになったきっかけは、産業医という仕事として当たり前だが、自分の体調を心配してくれたから。もし今度、美々が自分の体調を心配してくれた五文字を好きになったら、キレイにオチがつくようにも見える。

果たして3人の恋愛関係は、どのような幕を閉じるのだろうか。

【あわせて読みたい】