独立の旗手・I氏に対する「想定外」の拒否反応|中居正広の描く「独立計画」#05

(C)まいじつ

中居正広の立場が、最近妙に不透明になっている。テレビでは見ない日がないほど、出番を増やしているのに、どこか不安定な空気も漂っているのだ。

6月にジャニーズ事務所から独立するという話が出ているなか、他方では今年の独立は無理だとする芸能メディアも出てきた。

「香取慎吾、草彅剛、稲垣吾郎に関しては、大手芸能プロダクションK社の傘下に入るのではないかという話も出てきています。しかし、SMAP独立計画の中心人物だった中居には、一向に具体的な話がありません。これが不可解なのです」(スポーツ紙記者)

中居はこのままジャニーズ事務所に在籍していても、幹部になることはない。しかも、ジャニーズ事務所に残れば“屈辱的”な扱いも待っている。

「4月に放送された中居がMCを務める『ザ!世界仰天ニュース 4時間SP』(日本テレビ系)に滝沢秀明が出演しました。そのときに、中居が滝沢の舞台『滝沢歌舞伎2017』の紹介をやらされたのには驚きました。年功序列のジャニーズ事務所にあって、先輩が後輩の仕事の紹介をするというのは異例です。しかも、中居と滝沢は犬猿の仲として有名な間柄。中居は屈辱を感じたでしょう」(同・記者)

 

表面化した中居VS木村&滝沢

滝沢は昨年、男性週刊誌Bの取材で《(ジャニーズ事務所に)感謝するのは当たり前。それを分からなかったらアホ》と明らかに中居を批判する発言をしている。

「中居は、すでにジャニーズ事務所内での地位がないのでしょう。例えば、昨年末に木村抜きで忘年会をやるのを、懇意にしている男性週刊誌Aにリークして報道させました。滝沢が“アホ発言”をした週刊誌Bは、Aのライバル誌。これで中居VS木村&滝沢の構図がより鮮明になったのです。ただ、木村の裏切りがあったとはいえ、木村抜き忘年会をA誌に書かせたのは中居の失敗でした。3月には中居がダンサーと交際している話が急に出てきたし、今後もジャニーズ事務所からのリークがより激化するはずです」(ジャニーズライター)

B誌は4月にも、香取に隠し子がいるという報道をし、香取はまもなく芸能界から消えるとまで書いている。

「中居は元マネジャーだったI氏と組み、個人事務所を設立するみられています。これが問題だとする関係者も多い。中居とは提携したくても、I氏とは組みたくないという人は多いのです。SMAPの全盛時代に、I氏は各所で高圧的な態度を取り、煙たがられていました。だからI氏に拒否反応を示す人間もいる。中居に近いA誌も、最近独立に関しての記事を掲載していません」(同・ライター)

中居は袋小路に入ってしまったのだろうか。

 

【特集:中居正広の描く「独立計画」】

#1リークしたのは誰?SMAP独立計画の「ほころび」

#2 SMAP独立を無慈悲に粉砕した工藤静香の「シナリオ」

#3 「SMAP焼肉」報道に仕組まれた明白な嘘

#4 「受けられるだけ仕事を…」中居が感じている責任

#5 独立の旗手I氏に対する「想定外」の拒否反応

【あわせて読みたい】

※ 「SMAP」解散の裏側①~「オレは木村を絶対に許さない!」

※ 亀梨和也「露骨優遇」の理由①~新しい看板タレントが欲しいジャニーズ

※ くすぶるTOKIO解散説①~「鉄腕DASH」での不協和音