離婚したココリコ田中直樹に「夏の名物企画」起用案が浮上

(C)まいじつ

お笑いコンビ『ココリコ』の田中直樹と女優の小日向しえが離婚を発表した。田中は、《子供たちの父親、母親としてしっかりと責任を果たしていきたいと考えております》、《話し合いを重ね、このような結論に至りました》とコメントを発表し、小日向も《私なりに子どもたちのことを考えた上での結論》、《これからも二人の子どもたちの母として尽力していくことには変わりありません》と、スポーツ紙の質問状にメールで回答を寄せた。お互いに“大人”として導いた結論であることが示されている。

田中直樹の離婚については、5月7日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ系)で、松本人志が「何となくしんきくさい。芸人なら笑いに変えないといかん」と言い、「(離婚後の対応が)滑っている」と酷評された。

田中は芸能界では“いい人”との評判が定着している。「現場に電車で通っている」、「きちんとあいさつする」、「スタッフを身分で差別しない」、「俳優としての研究も熱心」といった話がある。

「芸人にしておくのはもったいないほど演技が上手なのですが、本人が『僕は芸人ですから』というスタンスを崩していないようです。役者としても芸人としても才能があるから、女性が放っておかないともいいます。今回、離婚で悲しい目に遭ったと思いますが、田中は紳士ですし、女性によくモテます。すぐに再婚して、いい旦那になるとは思います」(テレビ関係者)