朝鮮半島から日本へ密航が横行した歴史的背景

軍艦島 kattyan / PIXTA(ピクスタ)

韓国では夏に『軍艦島』という映画が公開される。強制連行され、奴隷のように炭鉱労働を強いられた朝鮮人たちを描いた映画だという。日本統治下の朝鮮時代に、日本へ強制連行され労働を強いられたという問題が、韓国で再燃しつつある。

しかし、李氏朝鮮時代(1392年から1910年にかけて朝鮮半島に存在した国家)からすでに、地理的に近い南部朝鮮の人々は、日本に流入しており、力のあるごく一部は、帰化して実業家や政治家となった。

1990年に“政界のドン”と呼ばれた金丸信は、自民・社会国会議員団を率いて訪朝したが、北朝鮮は金丸だけを切り離して、妙香山の別荘で金日成主席とふたりだけの会談をセッティングした。その冒頭で、金日成は金丸にこう話し掛けたという。

「金丸先生のご先祖が、わが国から渡られたことは、よく存じております。わたしどもとしては、本当にうれしく思うばかりです。ご先祖やご両親、ご家族の方々は、日本で本当にご苦労なされたことでしょう。その苦労を乗り越えて、金丸先生が日本を指導する大政治家になられたことは、わが民族の誇りとするところであります」

金丸元副総理のような一群を“在日ゼロ世代”とする。日本に居住した約200万人の在日コリアは、自らの意思で残った約60万人を除いて韓国に帰国するが、それが再び100万人に増える。

 

3回のピークがあった朝鮮から日本への流入

まず、第1世代は、1948年4月に起きた『4.3事件』により、李承晩による虐殺から逃れて、ボートピープルとなって日本に来た人々だ。この事件は、1948年4月に、当時の李承晩政権が、済州島で起こった島民の反政府蜂起を鎮圧するため、島民の5人に1人に当たる6万人を虐殺したものだ。この恐怖から難民として日本に逃れてきた人々がいる。

第2世代は、朝鮮戦争勃発後からの政情不安から、生活に窮して日本に新天地を求めた人々だ。これも済州島出身者が多い。同島は戦前から西日本に近いこともあって密航者が多かった。済州島出身の在日コリアンは、大阪市生野区を中心に9万人以上いるといわれ、九州、中国など西日本に点在する。現在、在日韓国・朝鮮人(北朝鮮地域の出身ではない)の99%以上が、済州島出身者の子孫であるのはこうした理由による。

第3世代は、ベトナム戦争時の徴兵逃れだ。徴兵を逃れようとする若い世代が、先に来日して生活基盤を築いた親戚縁者を頼ってやって来た。

こうしてみると、在日コリアンが強制連行された人々およびその子孫でないことが分かるはずだ。

 

[画像]

kattyan / PIXTA(ピクスタ)

[あわせて読みたい]

※ 韓国が喧伝する「強制連行」歴史のねつ造劇を告発する証拠

※ 日本統治下の朝鮮に蔓延した「内地密航」が表す強制連行の虚構

※ 日本統治下朝鮮から「内地密航」した人々は戦後何をしたか