「インスタ女王」渡辺直美が心がけるSNS活用法に絶賛の声

(C)まいじつ

インスタグラムで日本一のフォロワー数を誇る渡辺直美が、5月13日に放送されたバラエティー番組『嵐にしやがれ』(日本テレビ系)にゲスト出演し、普段から全裸で過ごす日常生活や、インスタグラムの撮影術を紹介し、『嵐』のメンバーを驚かせた。

この日は芸能人が宝物にしている私物を紹介するコーナー『嵐にしやがれ記念館』に登場。通販で月に100万円を費やすなど、普段は外出せずに過ごしている渡辺は「普段は全裸で生活している」と発言し、スタジオは騒然となった。

相葉雅紀が「な、な、何も付けないの?」と聞き、ほかのメンバーも不思議がっていると、渡辺は「洋服が締め付けてくるから」と強調。二宮和也の「(服が締め付けてくるのに)逆に痩せようとは思わないんだ」との指摘には、「確かに」と納得しながら笑っていた。

 

「不快な思いをさせたくない」渡辺の配慮にファン感心

そして、料理をしない渡辺は出前を頼んで生活しているといい、裸に見せずに出前を受け取る技術を嵐の5人に実演した。

配達が来た際は、玄関の下に食べ物を置いてもらい、腕がようやく通る程度にドア開けてお金のやり取りを先に済ませるという。配達員がいなくなった隙に素早くドアを開けるという渡辺に嵐の5人は「ターミネーターみたいだ」と爆笑していた。

渡辺は宝物のひとつにコンパクトカメラも挙げ、嵐のメンバーに写真の撮影術も伝授した。重要な項目として挙げたのは以下の3点だ。

  1. 必ずフラッシュを使う
  2. 食べ物は使わない
  3. 画変わりに注意する

その際には「わたしが何を食べているかは興味がないんじゃないか」と、自分の“リア充”アピールをすることは、インスタグラムを活用する上でデメリットになると触れた。

さらに渡辺は、「例えば、熱があるというアピールも何のためかわからない」と強調。常にアカウントを見る一般人の需要に応え続けることの重要性を説いた。これには相葉も「共感できる」と深く共感。この渡辺の考え方に、ツイッター上では、《渡辺直美の感覚や発想は天才的だ》、《見せるために徹底している》など、発想力を讃える声が相次いだ。

“インスタの女王”渡辺の強さも納得だ。

 

【あわせて読みたい】

※ 「結婚は子孫を残すこと」デヴィ夫人の発言が波紋を呼ぶ

※ 松本人志「邪魔やわ」飲酒運転の後輩ガリガリガリクソンを酷評

※ 一般社会にも蔓延する「ゲス不倫」の実態

※ じわじわ人気の滝沢カレンが育った独特の「家庭環境」

※ 長友佑都の劣化で平愛梨に「サゲマン」疑惑