NHK桑子真帆アナが禁断の「局またぎ結婚」で来春独立へ

MaksiPavel / PIXTA(ピクスタ)

NHKの桑子真帆アナウンサーと、フジテレビの谷岡慎一アナが、彼女の誕生日である5月30日に結婚することを発表した。

「5月11日に複数のスポーツ紙が結婚を報じたのをうけ、同日午前の情報番組『ノンストップ!』(フジテレビ系)で谷岡アナが結婚を正式発表したのです」(フジテレビ関係者)

このテレビ局をまたいだ結婚は、このままでは終わりそうにないという。桑子アナの独立に発展しそうというのだから穏やかではない。

桑子アナは、新たにNHKを代表するアナウンサーと言っていい存在に成長した。広島局から東京アナウンス室に異動した2015年4月から1年間、『ブラタモリ』でアシスタントを務め、タモリとの上手な掛け合いが評価され人気になった。そして、2016年4月からは深夜の新報道番組『ニュースチェック11』キャスターに起用され、今年4月からは『ニュースウオッチ9』のメインキャスターに抜擢されたばかりだ。

 

夫婦で別々のテレビ局の報道に携わることは許されない

「最近のNHKは、アラサーの女子アナが次々に結婚しているだけに、NHKとしてはアイドルのような人気を保つため、桑子アナにもう少し独身でいて欲しかった。そのため、ニュースウオッチ9での起用は、結婚を阻止するための人事だとも言われましたが、桑子アナが押し切って結婚に及んだのです。NHKの上層部と軋轢が生じている桑子アナは、近いうちに独立して、フリーアナウンサーになるとみられています」(NHK関係者)

その独立の時期は、来春が濃厚だという。

「別々のテレビ局で情報報道番組を担当しているアナウンサー同士が結婚するというのは、かなりの異例だけに、この状態を長く続けることはできないでしょう。情報漏れの危険が常に付きまとうためです。しかし、NHKを代表するニュース番組の新しいメインキャスターが、就任直後に退社するというのもさすがにまずい。落としどころとして、1年間キャスターを務めた来春に、NHKを退社して独立という方向で落ち着きそうです。フリー女子アナウンサー最大手の事務所『セント・フォース』や、加藤綾子が所属して女子アナ部門の強化を急ぎたい『ジャパン・ミュージックエンターテインメント』などの芸能プロダクションに所属する可能性が取り沙汰されています」(同・関係者)

めでたい話には裏がある。

 

【画像】

MaksiPavel / PIXTA(ピクスタ)

【あわせて読みたい】

※ 中居正広と木村拓哉が「似ている」言われた過去

※ 松本人志「邪魔やわ」飲酒運転の後輩ガリガリガリクソンを酷評

※ 長嶋一茂「政治ネタは全く分からない!」開き直りに批判殺到

※ 「芸能人としては素人」ゲス極・川谷復帰も芸能界から袋叩きに

※ 相葉雅紀主演「貴族探偵」視聴率瀕死で早くも打ち切り?