小倉優子離婚の決め手か「チョコ大量真っ黒カレー」グロ料理

(C)まいじつ

今年3月に美容師K氏と離婚したタレントの小倉優子の離婚原因について、新たな情報が出てきた。

「当初は離婚の原因が、K氏の不倫だとされていました。不倫相手は、小倉の所属事務所の若手タレントの馬越幸子でしたが、このときは小倉も『やり直す』と言っていたのです。しかし、その後にK氏はキャバクラに通っているところが写真週刊誌に掲載され、そこでしゃべった“何気ない不満”を知った小倉が激怒し、離婚になったのです」(芸能ライター)

K氏はキャバクラで何を話したのか。写真週刊誌によれば「あいつは料理本出しているくせにはんぱなく不味いんだ」と吹聴していたという。

「料理が離婚原因の全てではないでしょうが、最大要因だとすれば合点がいきます。小倉の料理はK氏が言うようにはんぱではないようです」(同・ライター)

小倉は『小倉優子の毎日ほめられ♡ごはん』、『小倉優子の毎日おいしい♡おうちごはん』など、料理に関する本を複数冊出版している。

「料理コーディネーターが密かに指導していたのです。そうしなければ、おいしい料理が作れなかったといいます」(料理雑誌編集者)

小倉の本当の腕前はどの程度なのだろうか。

 

カレーには大量のチョコ、卵焼きには生のニンジン

「得意料理のひとつにカレーがあるそうですが、チョコレートを山のように入れるといいます。甘口で子供も食べられるようになるからという理由でやっているようですが、カレーが真っ黒になるほどチョコを入れるみたいです。このカレーを小倉は『おいしい~』といって食べるそうです」(同・編集者)

また、小倉の得意料理には“青汁スープ”というのもあるそうだ。青汁をそのままで飲むのは無理だとして、大量の砂糖を入れるという。そして、最も得意な料理は卵焼きだというが…。

「小倉は卵焼きが得意で、K氏の弁当にも入れていたそうです。小倉は卵に砂糖とだし汁をタップリ入れ、そこへさらに大量の塩を入れます。彼女は『しょっぱい方が食欲が進む』といって、塩は欠かせないというそうです。そして、歯ごたえのアクセントとして生のニンジンを入れるといいます…」(女性誌関係者)

やはり離婚はやむを得なかったのだろう。

 

【あわせて読みたい】

※ 芸能活動ほぼナシの後藤真希を「ベストマザー」に選ぶ本当の狙い

※ フジ新人アナ・久慈暁子の日テレ内定辞退理由の裏に「野心」

※ 話題作りも不発の元AKB48・板野友美「衰退没落」の一途

※ 「芸能人としては素人」ゲス極・川谷復帰も芸能界から袋叩きに

※ 余罪追求?怯えるガリガリガリクソンと「合コン」したタレント