神田沙也加のツイッターを坂上忍が批判した理由

(C)まいじつ

5月15日に放送されたバラエティー番組『バイキング』(フジテレビ系)で、13日に東京都内で結婚パーティー開いた神田沙也加が、自身のツイッターへ投稿した内容に対し坂上忍が「こんな文面を発信する必要はないと思う」と指摘した。

4月に結婚を発表した神田と、俳優の村田充のふたりは、先週にハワイで挙式をしたことをブログで発表。そして、ふたりの結婚披露パーティーには女優の大地真央、俳優の長谷川初範、お笑いコンビ『南海キャンディーズ』のしずちゃん、千葉県船橋市のマスコットキャラクターであるふなっしーをはじめ、約100人が出席し、会場は大いににぎわった。

ところが、ふたりがパーティーを終えて帰ろうとした際に、大勢の報道陣によって自動車の周辺がふさがれてしまい、車体は傷だらけになった。さらにはカメラが村田の右目を直撃し、怪我を負っている。このことを神田は自身のツイッターに綴り、次のようにも投稿した。

 

坂上忍は「投稿する必要のない内容」

この神田の投稿に対し、司会の坂上忍は「僕としてはこういった文面はツイートする必要はない」と指摘した。出演者のフィフィも、坂上の指摘に同調するように「気持ちは分からなくないが、せっかくおめでたい場所に自分を出している以上、アクシデントが起きた事をわざわざ自分からツイッター上で発信する必要はない」と厳しく批判した。

幸いにも村田の負った怪我は大事には至らずに済んだものの、取材陣が引き起こした今回の騒動により、パーティーは非常に後味の悪いものとなってしまったことで、世間からは芸能記者に対する非難が相次いでいる。

坂上の発言はメディアの気持ちを”代弁”したものなのだろうか。

【関連】坂上忍「キス魔」告白し橋本マナミを「路上キス付き食事」に勧誘

 

[あわせて読みたい]

※ 坂上忍「じゃあ死ねよ」発言にネットで賛否両論

※ 中川翔子に男性スキャンダルがない真の理由

※ 離婚判明の葉月里緒奈は若いころから「魔性の女」