すっかり「みそぎ番組」に定着したワイドナショー

(C)まいじつ

音楽バンド『ゲスの極み乙女。』のボーカルで、ギタリストの川谷絵音が先日、『ワイドナショー』(フジテレビ)に出演し、昨年のベッキーとの不倫報道後、初めてテレビで騒動に言及した。

ベッキーをなぜ実家に連れていったのか聞かれると、「ベッキーさんは行きたくないと。行ったらダメでしょって」と一度はベッキーが拒否したことを明かし、それでも「僕がホント、クズすぎて」連れていったと説明。そして、「一点の曇りもなく、そのことに関しては謝りたい」と反省していた。

「ゲス極は、放送の3日後にアルバムをリリースし、同日に復活ライブを行いました。番組出演は不祥事の禊でもあり、PRでもあったのです。少し前に大手芸能事務所と契約を結び、強力な後ろ盾ができたこともあり、各局のワイドショーから攻撃されることはなくなった」(芸能ライター)

 

「ワイドナショー」で禊を済ませるのはなぜ?

最近は、川谷をはじめとして、ワイドナショーで禊をするタレントが多い。

「ベッキーは昨年5月に『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』へ出てから、約5カ月後に改めてワイドナショーに出演し、禊をしました。5人の女性との不倫が発覚して謹慎していた乙武洋匡、自動車事故で当て逃げしたとして謹慎していた『NON STYLE』の井上裕介も同番組で禊を済ませました」(同・ライター)

かつてもタレントが禊ぎをするテレビ番組があり、それがいまは、ワイドナショーへ移り変わっていったのだという。

「かつては『さんまのまんま』が“御用達”だったのですが、昨年9月に番組が終了しました。明石家さんまのように、司会者がうまくいじってくれる番組が選ばれ、矢口真里は宮根誠司の『ミヤネ屋』に、ベッキーは最初に中居正広の金スマに出ました。松本人志がうまくいじってくれるワイドナショーは、今後さらに禊番組として使われるでしょう」(同・ライター)

不祥事を起こさないのが一番なのだが…。

 

[いっしょに読みたい]

※ 中川翔子に男性スキャンダルがない真の理由

※ 綾瀬はるか「清純派女優」としてはすでにオワコンか

※ 足立梨花の同棲スキャンダルが炎上しない理由