浅田舞「同棲」報道は結婚を目論む本人のリークか?

(C)まいじつ

選手引退したフィギュアスケートの浅田真央の姉で、タレントの浅田舞が、彼氏と同棲生活中だと、5月19日発売の『フライデー』が報じた。

「彼氏の渡辺翔史は、フリーのバトントワラーとして舞台などで活躍しています。近いうちに結婚という先走った噂がある一方で、妹の真央の進路が落ち着くまでは、結婚はないという話もあります。いずれにしろ、舞と彼氏は相当に親密な様子だったそうです」(スポーツ紙記者)

フライデーには、マンションから買い物に出掛け、コーヒーショップで談笑する場面の写真が掲載されている。

「現在の浅田姉妹は、フィギュアスケートのショーなどの企画はもちろん、姉妹でのリレー講演や、フィギュアスケートの後進の指導プログラムなども具体的に話し合われているようです。それを考えると、結婚はもう少し先になると思われます」(同・記者)

しかし、真央には金目当ての人間が多く集まっているようで、舞はうんざりしているという。

「真央が展開しているブランドを、大手の玩具会社や外資系会社が乗っ取ろうと画策し、その対応が大変だったと聞いています。舞の本音は、そうした妹に関する利権とは一線を画したいのではないでしょうか。つまり、舞は真央のセカンドライフがきちんと軌道に乗るまで見届ける気はないが、周囲に結婚を止められているということです」(同・記者)

これは、浅田姉妹を“独身”として書籍や講演、ショーなどで稼ぎたい周辺の思惑があるということだ。一説には、舞がその足かせから逃れたいために、情報をリークしたのではないかとも囁かれている。

 

舞の結婚は真央の動向次第

「真央はスポーツキャスターをしている舞とは違い、それほどトークが得意なタイプではありません。国民栄誉賞を取るのではないかというほど卓越したアスリートだったから、自分のスケート教室を立ち上げるのがベストでしょう。それで隙間に子供たちにフィギュアスケートを教えるという形がいいと思います」(フィギュアスケート関係者)

真央には海外からも講演の声が掛かっているようだ。

「舞の結婚は真央の進路次第というのも、国民的人気があるスターアスリートを妹にもった姉の宿命でしょう」(同・関係者)

舞の結婚が“滑らない”といいのだが。

 

[いっしょに読みたい]

※ ジャニーズに仕事を干された草彅剛と香取慎吾が6月に独立発表へ

※ 香川照之のボクシング解説「ウザい」と視聴者から袋叩き

※ 「嵐・松本潤は変態」葵つかさが余裕の暴露