米政府専用機を追尾するUFO目撃!ドナルド・トランプの護衛か

(C)Paranormal Crucible

これはFOXニュースが報じた、大統領就任演説のため、ニューヨークからワシントンへ政府専用機で飛び立つアメリカ大統領・ドナルド・トランプの様子を捉えたテレビ映像だ。しかし、よく見ると飛行機の後方から前方へ飛び去る“謎の物体“が映り込んでいたのだ!

(C)Paranormal Crucible

この物体について、宇宙人の研究などで有名なYouTubeチャンネル『Paranormal Crucible』は《鳥にしては羽ばたきもせず、超高速で飛行していることからUFOの可能性が高い》としており、世界的なUFO研究家・スコット・ウェアリング氏も「間違いなくUFOだ」と発言していることから、オカルティストの間ではさまざまな憶測がささやかれているようだ。

 

ヒラリー・クリントンの爆弾発言に関係?

ドナルド・トランプと大統領選を戦った民主党のヒラリー・クリントンは、テレビ番組で「私が大統領になれたらUFO関連の極秘ファイルを開示する用意がある」と発言し注目を集め、大きく得票数を伸ばしたといわれている。

しかし実際に大統領選を制したのはご存知の通り、アメリカの大手マスコミ各社が口をそろえて“圧倒的不利”と報じていたドナルド・トランプであった。これは何を意味するのだろうか?

 

無自覚に人間の思考を操る技術

人間の思考を操る技術の研究は意外と古い。1950年代のアメリカでは実際に『サブリミナル効果』と呼ばれる心理効果を応用した手法が、映画館で実験されている。

これは、映画館で上映するフィルムに、《コーラを飲め》、《ポップコーンを食べろ》という瞬間的なメッセージを、5分おきに映画フィルムの中へ潜り込ませるという実験だ。結果、映画館の売店では、コーラとポップコーンの売り上げが“倍増“したという。

つまり、サブリミナル効果は、人間の脳へ無自覚のまま情報を送り込み、行動を誘導する一定の効果がこのとき認められたのだ。しかし、この後アメリカ当局は「公の利益に反する」という不明確な理由で、サブリミナル効果を含む宣伝手法を一切禁止としてしまう。

だが、これを逆説的に考えると、サブリミナル効果があまりに強力であった証拠とは言えないだろうか? つまり、洗脳効果が強烈すぎるがゆえに、一般的には禁止されたと考えるのだ。しかし、その後もサブリミナル効果を大衆誘導の有力な手段として、密かに政府が“研究を続けていた“としたら……?

 

大統領選に宇宙人が関与?

(C)Paranormal Crucible

ここからはまったくの仮説だが、ヒラリー・クリントンの発言で米軍やCIAに繋がる共和党内の一部勢力が、あの有名な『ロズウェル事件』や『エリア51』など、今までひた隠しにしてきた“最高機密“が公になってしまうことに危機感を持ち、UFOに連絡を入れ、宇宙人の提供する未知の技術でサブリミナル効果を“急きょ完成させた“とすればいかがだろう。

そして何億にも及ぶアメリカ国民を洗脳状態におき、アメリカ国民に強制的にドナルド・トランプへ投票させたのが“大統領選の真相“だったとすれば、すでにアメリカは宇宙人の支配下にあるといってもおかしくはない。この映像は、支配の“象徴“であるトランプ大統領を、UFOが“密かに護衛していたことを表しているのかもしれない。

 

 

【参考・画像】

UFO Disc Flies Past President Trumps Plane? – Paranormal Crucible

【あわせて読みたい】

※ 「20年前の写真」絶賛された矢田亜希子だが元夫の押尾学は…

※ 加藤綾子にフジテレビが「取材規制」を通達していた!

※ 夏菜また暴走!? 過去の恋愛を「自ら暴露」心配の声

※ 「バストの匂い」はバニラの香り!? 明石家さんまが大歓喜

※ 中居正広と木村拓哉が「和解の会」で稲垣吾郎ら3人壊滅を計画か