細川たかしが近藤春菜から「カツラ疑惑」に言及され一触即発

(C)まいじつ

歌手の細川たかしが新境地を開拓しつつある。5月17日に放送されたバラエティー番組『ナカイの窓』(日本テレビ系)の“演歌歌手SP”で、細川のカツラ疑惑を司会の中居正広らが追及した際に、細川はおもしろおかしく疑惑を否定し、スタジオを沸かせた。

《演歌歌手はココが大変!》というテーマが出た際に、歌手は衣装に合わせてウィッグを付ける場合もあるという話に。ゲストの瀬川瑛子は、「衣装がきらびやかでも頭がさみしいと舞台映えしないため、髪型にボリュームを持たせるためにウィッグを付ける」と明かした。

そこで番組司会の近藤春菜が「細川さんは…」と話題を変えたところで、中居が無言で制止し、何事もなかったかのように話題を移そうとした。春菜がなおも「細川さんもウィッグかもしれない。形が…」と言ったところ、瀬川がここで「大丈夫。(テレビ番組で髪の毛を)引っ張ったことがある」と衝撃の告白をしたのだ。

7~8年前に、とあるテレビ番組に出演したとき、瀬川は「あまりにも疑わしかったので」引っ張ってみたのだという。しかし中居が、「7~8年前と(いまとは)違うんじゃ」というと、「ああ、そう…」と瀬川が意気消沈してしまった。

 

独特な髪型について細川自ら説明

この一連のやり取りに業を煮やした細川が、春菜に「何を聞きたいの?」と尋ねたため「(その髪は)本物ですか?」とストレートに質問を投げかけた。ここで細川が「疑惑があってね。昔からスプレーで固めてる。白髪が嫌でサイドを剃っていくうちに、独特の髪形になった」と理由を説明した。

視聴者は細川の以前とは全く違う独創的な髪型に対し、SNS上で《どうみてもカツラだ》という意見と、《カツラだったらそんなユニークな髪型にはしない》という意見に二分していた。

“論争”に終止符を打つためか、『徹子の部屋』(テレビ朝日系)や『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)などで細川本人自らが髪型について説明しており、『情報ライブミヤネ屋』(日本テレビ系)ではCCDカメラを使って本物と証明したほどである。

ナカイの窓でも自由奔放な大御所というキャラクターで暴れていた細川。本業の歌手はもちろん、しばらくは髪型ネタでもバラエティー番組を席巻しそうだ。

 

[いっしょに読みたい]

※ 乃木坂・山下美月「お尻に刺さるのが気持ちいい」驚愕の入浴習慣

※ 「正規客をバカにした」AKB運営会社の転売屋対策にファン激怒

※ HKT48宮脇咲良の人気急上昇に嫉妬した渡辺麻友の露骨な暴言