坂上忍が高須克也院長の発言を持ち上げる裏事情

(C)まいじつ

5月22日に放送された情報番組『バイキング』(フジテレビ系)で、司会の坂上忍が、高須クリニック院長の高須克弥氏を暗に批判した議員に対して、「こいつら」と名指しで批判した。

坂上が国会議員を批判したのは、『芸能ニュースランキング』のコーナーでのことだ。このコーナーで、民進党の大西健介議員が衆議院厚生労働委員会で「美容外科のCMは、非常に陳腐なものが多い。『イエス〇〇』とか」と高須クリニックのCMを暗に否定したことを取り上げた。高須氏は「名誉を傷つけられた」として、大西議員や民進党の蓮舫代表、国に対して、損害賠償を求めて東京地裁に提訴している。

また高須氏は、コーナーにVTRで出演し、「悪徳美容外科の代表だと思われるのは不本意」と不快感をあらわにした。そして、「国の指示(決まり)通りにCMを作ったのに、陳腐と言われたら傷つきますよ。最高裁までやります」と宣言。提訴された大西議員は「具体的なクリニック名は一切出しておりません」と反論しているが、坂上は「議員は提訴され、苦し紛れで発言しているだけ。そもそも医療関係のCMに規制をしているのはこいつら!」と批判し、さらに、「その(規制がある)なかで、医療関係の方々はどうにかして名前を知ってもらおうとCMを作り続けいるわけですよ」と高須院長を擁護した。

坂上の発言に対して、ツイッターなどでは《珍しく毒舌ではなく正論》、《久しぶりに坂上に共感できた》という肯定的な意見が多く見られた。しかし、その一方で《「長い物には巻かれろ」だったとは…》、《スポンサーだから擁護しかできないでしょう》とスポンサーと関係がある以上、病院側を擁護するのは自然と指摘する視聴者もいた。

 

スポンサーへの配慮が暴言に?

坂上は、番組内で「高須クリニックを100%応援する」と発言。その裏事情として挙げられているのが、2016年5月から高須クリニックがトークバラエティ『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)の正式スポンサーに名を連ねていることだ。ダウンタウンなうには、坂上もプレゼンターとして出演している。

これは、同番組の収録中に『ダウンタウン』の浜田雅功がスポンサーになってほしいとお願いしたところ、その場で高須院長が快諾したという経緯があるそうだ。そんな裏事情を知ってか《坂上さんもいろいろと大変》と視聴者からのつぶやきがあった。

本人はその後、「さっき、『こいつら!』とか言ってしまいましたね」と反省する様子を見せながらも「訂正するなら榎並アナにさせましょう」と相変わらずの言動だった。

坂上の“暴言癖”にも裏があったということか。

 

[いっしょに読みたい]

※ 乃木坂・山下美月「お尻に刺さるのが気持ちいい」驚愕の入浴習慣

※ 「正規客をバカにした」AKB運営会社の転売屋対策にファン激怒

※ HKT48宮脇咲良の人気急上昇に嫉妬した渡辺麻友の露骨な暴言