福岡ソフトバンク・工藤公康監督 あえて選手を怒らせ力を引き出す手腕

西武、ダイエーの現役選手時代、工藤監督は故根本陸夫氏から自分の才能、価値をいかに高く売るかを学んだ。(西武からダイエーへ移籍で推定5億円。さらに、ソフトバンクから巨人移籍は推定36億円とも言われている)

ソフトバンクから巨人に入団するときに、星野仙一氏が「名古屋出身だから中日に来い!」と説得したが、高額提示の巨人を選んだことで、金への執着心が強いとして誤解されたものだ。

横浜DeNA監督要請を断ったとされるのも、金だと言われているが、実は、そうではない。

工藤監督の条件は巨大なトレーニング設備を整えることだった。プロ野球選手の寿命を伸ばすには、常日頃からのコンデショニングが必要不可欠。その要求に応えたのがソフトバンクだったのだ。

監督就任1年目でのぶっちぎり優勝は、選手の内外面をうまく引き出した工藤監督の信念の賜物だろう。

(スポーツジャーナリスト・吉見健明)

 

【画像】

※  David Lee / Shutterstock