朝日新聞が待望していた「慰安婦狩りの生き証人」登場の瞬間

Photo Credit : YunHo LEE Photography Flickr via Compfight cc

太平洋戦争のさなか、軍令で朝鮮人女性を強制連行し、日本軍の慰安婦にしたと“告白”した吉田清治。彼が朝日新聞に初めて取り上げられたのは、1980年3月7日付朝日新聞横浜版などに掲載された連載『韓国・朝鮮人』である。ここには、横浜市内在住の著述家として登場している。自ら朝日新聞川崎支局に電話をかけネタを売り込んだが、このときの“吉田供述”はつじつまが合わず、ほとんど採用されていない。

吉田に対応したのは、のちに朝日新聞ソウル特派員になり『慰安婦虚報の真実』の著者となる前川惠司氏だった。前川氏はこのときすでに、吉田の正体を見抜いていた。

注目しなければならないのは、連載『韓国・朝鮮人』には“慰安婦”や“女性の強制連行”という文言が登場していないことだ。記事中には、労務者として吉田が募集した《農作業中の男》や《20代前半の若者》、《15、16歳の少年》、《50歳近くの男》ら、登場したのは男ばかりだった。

ところが1982年に入ると、同年9月2日付本紙社会面報道を皮切りに《朝鮮の女性 私も連行》という記事が登場する。これは吉田が「任務で、韓国の済州島で200人の若い朝鮮人女性を無理やり連行し、慰安婦にするために軍に引き渡した」とする講演内容を報じたものだった。

《43年に韓国・済州島で、日本の軍人が赤ん坊を抱いた母親や若い未婚の女性を狩り立て、トラックで連行した》と、以後流布される“慰安婦を強制連行した人物”として初めて名乗り出たのである。

 

強制連行問題とも共通する「裏付け」

1980年にはなかった“慰安婦狩りのシナリオ”が、2年後に突然現れたわけだ。男は女に、労務者が慰安婦に突然変異して…。これに飛びついたのが朝日新聞だった。

朝日新聞は、吉田以前から日本軍による“慰安婦狩り”が朝鮮の都市の路上で行われたと、盛んに報道していた。そこへ“生き証人”の登場である。まさに願ってもないことだった。

最大の補強ネタ元を手に入れた朝日新聞は、1カ月後の1982年10月1日付朝日新聞朝刊において、《朝鮮人こうして連行 壮年男子根こそぎ 集落包囲、殴りつけ》と、ロシアのサハリン残留韓国人・朝鮮人の帰還訴訟で、証人として吉田が語った朝鮮人強制連行の模様を報じた。この訴訟は慰安婦と並ぶ韓国のゆすりネタ“徴用工の強制連行”をも裏付ける結果となったのである。

 

[いっしょに読みたい]

※ 従軍慰安婦問題に反論できない日本政府の「怠慢性」

※ 韓国が喧伝する「強制連行」歴史のねつ造劇を告発する証拠

※ 日本統治下の朝鮮に蔓延した「内地密航」が表す強制連行の虚構

※ 日本統治下朝鮮から「内地密航」した人々は戦後何をしたか

※ 朝鮮半島から日本へ密航が横行した歴史的背景