木村拓哉がカンヌの失態でJKから無慈悲な「キムたたき」浴びる

(C)まいじつ

フランスで開催された『第70回カンヌ国際映画祭』のレッドカーペットで、木村拓哉が着物姿の杉咲花をまったくエスコートせず、批判を浴びた。この“男尊女卑”の行動を巡る炎上は、いまだに収まる気配を見せない。

「これで女性ファンがまた離れるでしょう。今回は特に、10代の女性からの反発が凄まじく《キムタクはKY》、《女性をどう見ているかはっきりしたよね》などと、インターネット上での批判が激しいようです」(芸能関係者)

若い世代は、例えばLINEを無視する友達を“ハブる”など、人を無視するという行為について非常に敏感だ。SNS上でも《自分のことしか考えていない自己中》、《他のメンバーを捨てて、今度は共演者を見捨てるのか》などと手厳しい。

「世間では、グループからひとりだけ“のけ者”にする行為を隠語で“キムハブ”と呼ぶほどです。グループで自己中な人間は、どこの世界でも嫌われます」(同・関係者)

『SMAP』の解散騒動から、人気とイメージが急落の一途をたどっている木村だが、来年はフジテレビの“月9”ドラマで主演が内定しているといわれている。しかし、先行きはかなり不透明になってきたようだ。

 

「ただの格好悪いおじさん」に成り下がった木村

「いま女子高校生たちのあいだで、木村のラジオ番組をあえて聴いて『こんな馬鹿なことを言っていた』と茶化す“キムたたき”が日常と化しているようです。これほどまでに若い世代から嫌われていては、“月9”どうこうではないでしょう」(同・関係者)

昨年1月の『SMAP×SMAP』の生放送で見せた謝罪で、意気消沈の4人を尻目に勝ち誇った姿を見せてしまったことが決定打となり、不人気タレントの仲間入りをしてしまった木村。外面はいいが、実は現場で嫌われていた木村がSMAP内でどんな存在だったかは推して知るべしだが、ほかのメンバーとの溝を深める決定的なきっかけは、工藤静香との“デキちゃった結婚”だったとの指摘もある。女子高校生たちは木村の歴史を調べ、グループで強引に結婚した木村をKYと判断して忌み嫌っているのだ。

「女子高生にとっては、ただの格好悪い嫌なおじさんということなのでしょう」(同・関係者)

ここまで言われる木村に、評価を取り戻すことなどできるのだろうか。

 

[いっしょに読みたい]

※ 元KAT-TUN・田中聖容疑者逮捕で震える「大麻芸能人」たち

※ 細川たかしが近藤春菜から「カツラ疑惑」に言及され一触即発

※ 「におい」苦手な羽生結弦に迫り来る試練