「3Dホログラム」映像で復活した往年の名歌手の姿に賞賛の嵐

(C)Shutterstock

5月19日に放送されたバラエティー番組『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』(TBS系)で、3Dホログラムの映像によって“復活”したテレサ・テンに、驚きと賞賛の声が上がっている。

「いまは3Dホログラムの技術によって、マイケル・ジャクソンのミニライブを行っていたり、亡くなったアーティストをそろえて復活させる“夢の競演”を実現させたりしています。3Dホログラムであれば、ビートルズとプレスリーを同時にライブで歌わせることもできますし、伝説の『ウッドストック・フェスティバル』も再現できるかもしれません。さまざまな楽しみ方ができるでしょう」(芸能関係者)

テレサ・テンは、1995年に急逝した台湾出身の歌手。台湾のみならず日本、中国大陸、香港、タイ、マレーシア、シンガポール、北朝鮮などで人気を誇り、“アジアの歌姫”と呼ばれた。この番組を見たファンは、インターネット上などで《歌っているテレサを、まるでそこに居るように楽しめるとは…スゴイ!コンサートに行きたい!》と絶賛していた。

 

ほかの懐かしい映像の3Dホログラム企画も

「金スマの新コーナーで、ゲストが聞きたい曲をプレゼントする企画があり、芳村真理が西城秀樹の曲とテレサ・テンの曲をリクエストして実現した企画です。ファンは芳村に感謝でしょう」(同・関係者)

テレサ・テンの映像は緻密で、まさにスタジオで歌っているようだった。同番組の3D映像を近くで見ていたスタッフは「本当にテレサが生き返ったと思った。ものすごい臨場感で、震えがきましたよ」と語る。こうした企画は金スマでまた実現するのだろうか?

「この映像を再現させるには、かなり準備と予算が必要で、テレサの映像復活企画そのものは以前からあったと聞いています。こうした3D映像を使って懐かしいロカビリーのコンサートや、いまはもう見ることができないスターが出ていた宝塚の映像、伝説の漫才コンビなども復活させ、シアターで上演するという企画も進んでいるようです」(同・関係者)

多くの人を元気にさせた大スターの映像の数々。ぜひ見てみたいものだ。

 

[画像]

(C) Nuamfolio / Shutterstock

[いっしょに読みたい]

※ 元KAT-TUN・田中聖容疑者逮捕で震える「大麻芸能人」たち

※ 藤原竜也主演の低視聴率ドラマ「リバース」が高評価の理由

※ 木村拓哉がカンヌの失態でJKから無慈悲な「キムたたき」浴びる