元猿岩石・森脇和成の「ユーチューバー宣言」理由は安易にも…

graphicalicious / PIXTA(ピクスタ)

かつて、有吉弘行が組んでいたお笑いコンビ『猿岩石』は、1996年に放送されていた人気番組『進め!電波少年』(日本テレビ系)で、ヒッチハイクをしてユーラシア大陸を横断するという企画に挑戦させられ、見事にゴールして一躍有名になった。その後、低迷したためコンビは解散。有吉はほとんど仕事のない状況から見事に復活を果たした。

その当時の相方である森脇和成は、コンビ解散後に芸能界を引退。飲食店経営などの職を転々とし、サラリーマンになっていたが、2015年に芸能界に復帰した。

その森脇が5月24日に『森脇和成、YouTube始めました。』という動画をアップした。

再生回数は初日に10万回を超え、チャンネル登録者数は1万人以上と上々のスタートを切った。

動画のなかで森脇は、ユーチューバーに転身したきっかけを次のように話した。

「人気ユーチューバーのラファエルが、街行く人に声を掛けて芸能人を見つけようとする企画にたまたま遭遇。彼と話をしてみたら、すごい儲けているみたいで。ほんと引くくらい儲けてて、それで興味が湧いて…」

その後は猿岩石として人気になったことや、何も知らない人間がユーチューバーになったらどうなるか実験的にやっていくと意気込んで締めた。

 

転身の理由は金か?

「話の途中に『金ではない』と言っているが、猿岩石でブレークしたときよりも儲かるらしいと話しており、ユーチューバーに転身した理由が金目当てなのは明らかでしょう」(芸能記者)

森脇の動画が瞬く間に広まったのは、再生回数やチャンネル登録者数からも分かる。だが、その理由には、森脇に転身を進めたラファエル氏が、自分の動画に森脇のチャンネルのリンクを張ったことが大きいだろう。

「森脇のブログを見てみると、読者数は6152人。ユーチューバーに転身したことを書いた記事は、コメントがひとつしかありません。一方で、ユーチューブのコメント欄には《成功して有吉見返してやれ》、《役者や芸人のトーク力で頑張ってください!》などの応援や《広告つけないと収入得られないよー》といったアドバイスなど、概ね温かいコメントが多く見受けられます。森脇は現在俳優として活動していますが、パッとしていないので喜んでいるのではないでしょうか」(同・記者)

森脇は芸能界に復帰したとき、飽きやすい性格が原因で、いままで失敗を繰り返してきたと『しくじり先生』(テレビ朝日系)で告白していた。儲けが出なければ、すぐに飽きてしまうかもしれない。

【関連】元AKB高城亜樹がユーチューバー転身も「素人同然」哀れみの声

 

 

[画像]

graphicalicious / PIXTA(ピクスタ)

[いっしょに読みたい]

※ 元KAT-TUN・田中聖容疑者逮捕で震える「大麻芸能人」たち

※ 藤原竜也主演の低視聴率ドラマ「リバース」が高評価の理由

※ 木村拓哉がカンヌの失態でJKから無慈悲な「キムたたき」浴びる