米ヒューストンで目撃者が続出した「光るUFO」動画の全貌

houston_ufo

11月10日に、アメリカのテキサス州ヒューストンで不思議なUFO動画が撮影された。

ヒューストンのダウンタウン近くを通る高速道路45号線を走る車中から、撮影された6秒ほどの動画だ。

夜空に突然、白い光の点が出現し、次にまるで蛍光灯をつけたかのようにパッとUFO全体が光り、そのUFOの全貌が分かる。

本体から下に伸びる4本の光はクラゲの触手のよう。全体的に白い光を発しながら画面中央から右に移動し映像は終了する。

 

パラシュートや街灯ではない

撮影者は、「45号線に掛かる橋に『ビー・サムワン(立派な人間になれ)』という巨大なグラフィティ(芸術的な落書き)があり、観光名所みたいになっている。それを撮ろうと思ってビデオカメラを回してたんです 。数時間後に映像を見たところ、こんな不思議なUFOが撮れてたのです」とコメントした。

どのような可能性が考えられるだろうか。UFO専門家が語る。

「確かにこの動画は短いですが、すごく状態のいいものです。一部では『街灯が車の窓に映った』とか、『パラシュートだ』などの指摘もありますが、まったく当てはまらないですね。車の窓に映るとしたら、光源は撮影者の後方にあるはずですが、映像を見れば分かるように車内は暗い。パラシュートは落下するものですが、これは横に移動している。『スピードメーターの反射だ』などもありえない」

また調べてみると、同じ時間に付近でこのような白い発光体を目撃した人が続出していた。確実に存在する何かであるようだ。

「ヒューストンでは昨夏も今春も、夜に多くの地元住民がUFOを目撃。それを撮影し、CBSなどの大手メディアがこぞって報じました。光の点が十数個ほどリング状に並んだものですが、その光の点が動いているんです」(同)

 

昨夏のUFOは正体が判明

このUFO専門家は昨夏のヒューストンUFOについては、「正体を見破った」という。

「大手メディアが騒いだので、調べてみたんですが、ヒューストンのダウンタウンにはハイアット・リージェンシーホテルがあり、その34階にまるで黄金の空飛ぶ円盤のようなスピンドルトップ・レストランがあるんです。スカイレスト ランで、おもしろいことにグルグル回り、食事しながらヒューストンの景色を360度眺められるというのが特徴。昨夏のUFOはこのレストランだった可能性が高いのです。ただ今回のものはまだ分かりません。場所も形も違うようなんですよ」と指摘する。

 

【あわせて読みたい】