浜崎あゆみが引退してイギリス移住!? 報道の真偽は

(C)まいじつ

引退へのカウントダウンが囁かれる浜崎あゆみ。その報道の根拠となっているのが、南青山にある自宅兼事務所を売却したことだ。

「地下1階から地上5階まである豪邸で、10億円という価格がついたといわれています。これで得た資金をもとに、新たな恋人とイギリスへの移住を計画しているという噂があります」(芸能記者)

浜崎は5月14日に全国ツアー『Just the beginning -20- TOUR 2017』を横浜アリーナからスタートさせた。このツアーは浜崎史上最多となる60公演を予定しており、さらにスマートフォンや携帯電話での撮影が許可され、ライブ中の写真はSNSでシェアできるという企画も行っている。

ところが、ファンに撮影された写真が、まるで女子プロレスラーのように見えるほど太っていたため、企画はかえって逆効果だと言われた。インターネット上では《女子プロレスラーですか?》、《音楽よりデブったことの方が話題になるとか気の毒》、《そのスタイルでなぜ露出をやめないの》などの声が多く書き込まれた。

 

浜崎が目指す宇多田ヒカル路線

それにしても、なぜイギリスへ移住しようとしているのか。

「浜崎がロンドンを気に入っていることもあるが、日本のメディアが追跡しようにも、やはりロンドンまでは遠い。おいそれと追い掛けて来られないようにと考えているのでしょう」(芸能関係者)

浜崎は事務所のコントロールが利かず、アメリカ人の医学生との結婚や離婚も、寝耳に水だったという。かつては神奈川県の逗子やロサンゼルスなどにも別荘を所有していたが、ここ数年のあいだに次々と売却していることも引退報道の呼び水となっている。

最近の浜崎は新曲が売れず、ヒット曲に恵まれていない。事務所のバックアップが弱いこともあるが、「もう“裸の女王様”です。誰の意見も聞かないアーティストになりました」との声もある。

「浜崎が今後目指そうとしているのは、宇多田ヒカルのように“世間に出ない方が目立つ”という戦略のようです」(同・関係者)

歌姫が“お隠れ”になる日は近そうだ。

 

[いっしょに読みたい]

高視聴率「家売るオンナSP」北川景子に注目集まる!? 

※ 石原さとみの24時間テレビ出演決定をめぐる「厄介事」

※ ピース・綾部祐二の帰国が発覚!アメリカで一体何をしていたのか