桑田真澄氏の息子Mattに「整形依存症」の噂

(C)Shutterstock

プロ野球元巨人の投手だった桑田真澄氏の次男で、モデルのMatt(本名:桑田将司)が、インターネット上で《不気味過ぎる》と話題になっている。彼がよく取り上げられるのは芸能人サイトではなく、芸能人の整形について取り上げられているサイトだ。

「一時期の水沢アリーのようです。自身では整形を否定しながら、テレビに出るたび顔が変わっていました。もしかするとMattは、それ以上の変わりぶりかもしれません。とても日本人の顔とは思えず、桑田氏の面影もありません」(芸能ライター)

Mattは白人のような彫りの深い顔立ちで、目も大きく、鼻も高い。頭髪だけでなく眉毛まで金色に染めているのが特徴で、一見すると欧米人のようだ。

「この春ごろから桑田氏の息子という肩書きを活かして、テレビのバラエティー番組に出演し始めました。ただ、Mattと言われても誰のことか分からず、桑田氏の息子だと明かして初めて周囲が驚くという演出が定番になっています」(同・ライター)

父親の桑田氏は、一重まぶたで顔も凹凸が少ない顔立ちをしている。Mattとは特徴が違うのだ。

「Mattには高校時代と思われる過去の写真も残っています。それを見る限りでは、鼻は低くて目もパッチリとはしておらず、現在のような彫りが深い顔ではありません。髪の毛も黒色でした」(女性誌記者)

 

Mattは「自分は母親似」だと言うが…

Mattは身長181センチで、幼いころは野球をしていたが、途中から音楽の道に転向している。ピアノ、サックス、バイオリン、ドラムなどをこなすそうだが、評価は高くない。

「桑田氏は現役時代に肘を痛めた際、リハビリのためにピアノを弾くようになりました。Mattはテレビでピアノを演奏したことがあるのですが、上手には感じませんでした。父親のリハビリと似たような感じです」(同・記者)

Mattの兄である真樹は現在、独立リーグのBCリーグに所属する滋賀ユナイテッドベースボールクラブで外野手としてプレーしている。プロ野球選手になるべく、日本野球機構(NPB)からの指名を待っている選手だ。

「真樹は桑田氏に似ています。つまり、Mattと真樹は全然似ていません。Mattはテレビで『母親似』だと言っていましたが、母親は一般人なのでテレビなどのメディアには出てこないため、比較ができません。ただ、顔を知っている人間は『Mattとはまるで似ておらず、純日本風』と言っています」(芸能プロダクション関係者)

今後、少し時間が経つごとに、Mattの顔に変化があるかもしれない。

 

[画像]

(C)Elnur / Shutterstock

[いっしょに読みたい]

※ 中居正広「振付師の彼女」騒動の真相

※ 石原さとみの24時間テレビ出演決定をめぐる「厄介事」

※ ピース・綾部祐二の帰国が発覚!アメリカで一体何をしていたのか