かつてのドラマ「視聴率女王」天海祐希が復活

(C)まいじつ

天海祐希が女優として再び評価を上げている。彼女は2014年にドラマ『緊急取調室』(テレビ朝日系)で主演を務め、平均視聴率12.9%だった。その後、昨年の10~12月期ドラマ『Chef 三ツ星の給食』(フジテレビ系)では同7.1%とつまずいたが、現在放映中の『緊急取調室』第2シリーズは、第6話までで14.2%という高視聴率を記録している。この勢いが続けば、今期のドラマでは1位を獲得しそうだ。

「現在、高視聴率が期待できる女優として最初に名前が挙がるのは、米倉涼子です。『ドクターX』シリーズは常に視聴率20%台で、10%以上で人気作品といういまの時代では突出しています。しかし、その米倉以前には、天海も数多くの人気ドラマに出演していました。天海も怪物です」(テレビ雑誌編集者)

天海は元宝塚歌劇団で月組のトップスターだった。代表ドラマには2005年の『女王の教室』(日本テレビ系=平均視聴率17.3%)、2006年『トップキャスター』(フジテレビ系=同18.4%)、最終回で20%超を果たした2009年『BOSS』(フジテレビ系)などがある。

「米倉が台頭する前は、男っぽい女性役はほとんど天海が担っていました。米倉はユーモアがある男っぽさ、チャランポランでも締めるところは締めるのが特徴です。一方の天海は、女性としての強さが際立ちます。お互いの印象は全く違います」(同・編集者)

 

ドラマの強さが光るテレビ朝日

現在の勢いはまだ“万能外科医”の米倉が優勢だ。しかし、緊急取調室では、SIT(特殊事件捜査係)出身の天海が殺人事件担当の捜査一課を引っ張る役で魅せている。本職顔負けの厳しい捜査員という雰囲気は、刑事ドラマが好きな人間には好評だ。

「テレビ朝日は水谷豊の『相棒』、米倉のドクターXに続く大型ドラマを模索していました。そこへ天海の緊急取調室が加わりそうです。さらには、同局の早河洋会長が復活を望んでいる中居正広が主演していた『味いちもんめ』、これらはすべてテレビ朝日が育ててきた作品です。ジャニーズ事務所から独立するかどうかという動向に注目が集まる中居にも、早く帰ってきて欲しいところでしょう」(同・編集者)

相棒シリーズには、中居と同じくジャニーズ事務所との関係を注目される稲垣吾郎が、次期相棒候補に挙がったことがある。

「稲垣のことは、相棒の次期シーズンの途中から使いたい意向のようです。稲垣にも、ジャニーズ事務所を辞めて、テレビ朝日の専属俳優になりたいという気持ちがあるようです」(ドラマライター)

ドラマのテレビ朝日になる日は近そうだ。

 

[いっしょに読みたい]

小倉優子「お金好きです」と本音をこぼすも好感度は急上昇

高視聴率「家売るオンナSP」北川景子に注目集まる!? 

※ 石原さとみの24時間テレビ出演決定をめぐる「厄介事」